ヘッダをスキップ  日立金属ホーム     English    ZoomSight起動ボタン  音声読み上げ・文字拡大 Japan Site

サイト名Apresia The Right Fit アプレシア −日立金属 日立製作所トップページへ


ここからグローバル・ナビゲーション |  ホーム  |  APRESIA Vision  |  製品情報  |  購入案内  |  サポート&サービス  |  グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    トピックス    サイトマップ    お問い合わせ
検索 by Google

 > 詳細な検索


ここからブレッド・クラム ホーム > ニュースリリースブレッド・クラムここまで

ページタイトル

ニュースリリース




ここから本文

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
2007年5月14日
 

認証スイッチ「Apresia」と住友電工システムソリューションの
IT資産管理ソフトウェア「ManagementCoreIT資産管理システム」
とを連携した新たなPC検疫LANソリューションをラインアップ

 

 日立電線株式会社はこのたび、認証スイッチ「Apresia」*1 と、住友電工システムソリューション株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:内田 恒裕 以下、「SSS」といいます。)のIT資産管理ソフトウェア「ManagementCoreIT資産管理システム」*2 との動作連携を確認しました。これにより、社外から持ち込まれたノートPC等から社内ネットワークへのウィルス感染を防ぐPC検疫LANソリューションのラインアップを強化するとともに、SSSには、当社の推進するセキュリティアライアンスプログラム「EnSEC」*3 に参加いただくことになりました。

 近年、企業の情報ネットワークに対する安全意識が高まっております。外部からの自社ネットワークへの攻撃対策だけでなく、セキュリティ対策が不十分なPC等の接続によるウィルスの拡散や、接続が許可されていないユーザーによる情報の漏えい、ネットワークの不正利用等、従来は安全と考えられていた内部からのネットワーク接続においてもセキュリティの確保が重要となっております。
 そのため、当社では従来から国際標準規格であるIEEE802.1X*4 による認証に加え、Apresia独自の認証機能である「Apresia NA(Network Authentication)」を利用したPC検疫LANソリューションを提供しており、これをより多くのお客様に導入していただくため、Apresiaと各社が提供する検疫システム、デバイスとの連携を拡大し、多様なニーズへの対応を進めております。

 こうした活動の中で当社は、ApresiaとSSSのIT資産管理ソフトウェアManagementCoreIT資産管理システムのPC検疫機能との連携を確認いたしました。
 ManagementCoreIT資産管理システムは、PCへのパッチ*5 適用状況やウィルス対策ソフトのパターンファイルのバージョンを監視し、セキュリティ管理を実現するものです。ApresiaとManagementCoreIT資産管理システムとの連携により、ユーザーが社内ネットワークに接続する際にPCのセキュリティポリシー適合状況を検知し、適合しない場合には社内ネットワークから隔離の上、PC画面に問題点と適切な対策を表示いたします。これにより、ユーザー自身がPC画面の表示に従い問題点を解決することが可能となり、速やかに社内ネットワークへの接続復帰ができます。 本システム上では、システム管理者は、セキュリティポリシーの設定を本番環境に適用する前に、サーバー側でシミュレーションを用いて検証することが可能です。そのため設定変更時にシステム障害がおこりにくく、業務停止リスクを軽減できます。

 当社では、パートナー各社との連携により、セキュリティソリューションのラインアップを強化するとともに、Apresia販売パートナーの販路を活用することで、これまで以上にエンタープライズ向け及びサービスプロバイダー向け市場のイーサネットスイッチにおけるシェア拡大を図ってまいります。

以上

 
*1Apresiaは、日立電線株式会社の登録商標です。
*2ManagementCoreは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
*3EnSEC(エンセック)は、Enforcement for SEcure Connectivity(安全な接続性の施行)の意味で、当社が進めているセキュリティアライアンスプログラムです。認証スイッチApresiaとRADIUSサーバーや検疫ソフトウェア等、各種デバイスやソフトウェア、サービスとの連携を進め多様化するセキュリティ-ニーズに対応してまいります。EnSECパートナーは下記の【EnSECパートナー一覧】をご参照ください。
*4IEEE(米国電気電子技術協会)によって定められた認証規格で、主にRADIUSを使用した認証によってポートごとのアクセス制御を行うものです。OSはWindows2000/XPに標準対応しています。
*5パッチとは、OSやアプリケーションソフトの不具合点の修正を行うための変更点が記載されたファイルのことです。
 

住友電工システムソリューション株式会社のお問い合わせ先

 

住友電工システムソリューション株式会社

 
ネットワークシステム事業部
Tel:03-5273-7587
 
 

EnSECパートナー一覧(2007年5月14日現在)

 
分類 製品名 会社名
PC検疫LANソリューション
【接続された端末のウィルス対策等】
ManagementCoreIT資産管理システム 住友電工システムソリューション株式会社
EQWAC検疫システム For Apresia ダイキン工業株式会社ハイデックシステムズ株式会社
LANDesk Security Suite 情報技術開発株式会社
NOSiDE Inventory Sub System 2005 NTTデータ先端技術株式会社
F-Secure検疫コントローラ 日本エフ・セキュア株式会社
SecureCube / PC Check (LAN-Blocker) NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
NASCenter Net-ADM ヌリテレコム株式会社
iNetSec Inspection 株式会社PFU
ユーザー
認証
ソリューション
シングルサインオン(SSO)
【一度の認証で許可された機能を使用できるもの】
Single Sign On for Apresia 京西クリエイト株式会社
NSAS ソニーブロードバンドソリューション株式会社株式会社ネットタイム
指紋認証
【生体認証の一種である、ユーザーの指紋を利用したユーザー認証】
UB-Safe 株式会社ディー・ディー・エス
サイン認証
【生体認証の一種である、筆跡等のサインを利用した認証】
C-Sign Server/Client 日本サイバーサイン株式会社
携帯電話認証
【携帯電話を利用した認証】
SecureCall サードネットワークス株式会社
ハードウェア認証
【端末のハードウェア情報を基にした認証】
RegistGate 株式会社エヌ・エス・アイ
ROUD 沖電気ネットワークインテグレーション株式会社
マトリックス認証
【マトリックス上に表示されるアイコン等を利用する認証】
WisePoint Authenticator ファルコンシステムコンサルティング株式会社
RADIUS
(認証)
サーバー
full flex EG 株式会社アクセンステクノロジー
Enterpras Standard 株式会社ステラクラフト
Steel-Belted RADIUS Funk Software, Inc株式会社テリロジー
 
* ManagementCoreは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
NOSiDEは、株式会社NTTデータの登録商標です。
SecureCubeは、株式会社野村総合研究所の登録商標です。
NASCenter Net-ADMは、ヌリテレコム株式会社の登録商標です。
iNetSecは、株式会社PFUの登録商標です。
LANDeskは、LANDesk Software株式会社の登録商標です。
 
本文ここまで



ローカル・ナビゲーションここまで




ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護について | 更新情報 | 商標等に関して |フッタここまで
日立金属株式会社トップページへ COPYRIGHT © 1997 - 2013 Hitachi Metals, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.