ヘッダをスキップ  日立金属ホーム     English    ZoomSight起動ボタン  音声読み上げ・文字拡大 Japan Site

サイト名Apresia The Right Fit アプレシア −日立金属 日立製作所トップページへ


ここからグローバル・ナビゲーション |  ホーム  |  APRESIA Vision  |  製品情報  |  購入案内  |  サポート&サービス  |  グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    トピックス    サイトマップ    お問い合わせ
検索 by Google

 > 詳細な検索


ここからブレッド・クラム ホーム > ニュースリリースブレッド・クラムここまで

ページタイトル

ニュースリリース




ここから本文

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
2009年2月4日
 

100メガビットイーサネットスイッチ
「Apresia3400シリーズ」に新製品をラインアップ

 

 日立電線株式会社はこのたび、イーサネットスイッチApresiaシリーズ*1 *2 の新製品として、優れた安定性、高いセキュリティ機能を備えた100メガビットイーサネットスイッチ「Apresia3448GT」を開発し、2009年2月より販売を開始いたします。

 近年、企業等における業務インフラとして情報ネットワークの重要性は増す一方であり、画像や音声等の大容量のデータを利用したアプリケーションへの対応、情報漏えい対策等ネットワークのセキュリティの確保、低消費電力といった環境対応等の新たなニーズに対応した信頼性の高いスイッチが求められています。このようなニーズにお応えするために、当社では、帯域制御・帯域保証、パケットフィルタ、独自の超高速リダンダント機能「MMRP-Plus」*3 等のネットワークの安定性を保つ機能に加え、ネットワーク認証機能を核にしたセキュリティ機能「AccessDefender」*4 を実装したApresia13000を開発し、10ギガビットイーサネットに対応するコアスイッチとして、お客様にご採用いただいておりました。
 また、100メガビットイーサネットスイッチにおいてもApresia13000と同等の高い機能を備えながらも、価格を抑えたApresia3400シリーズを開発し、2008年11月より販売しておりました。

 こうした実績を積み重ねる中、お客様の使い勝手を広げるために、より多くのポートを設けた100メガビットイーサネットスイッチへのニーズが明らかになりました。そこで、このたび当社では、Apresia3400シリーズの新機種として新たにApresia3448GTを開発し、2009年2月より販売を開始いたします。
 Apresia3448GTは、48個の10BASE-T/100BASE-TXのダウンリングポートと1000BASE-XのSFPポートと10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tのギガアップリンクポートを合計4個実装しております。さらに、50℃までの耐熱設計により、長寿命、高信頼を実現しております。このほか、準ファンレス方式*5 を採用しており、静音環境が必要なオフィスでの利用にも適しております。
 また、他のApresia3400シリーズと同様に、OSとして運用性と操作性の良さでご評価いただいている「AEOS7」*6 を採用しており、実績のあるMMRP-PlusやAccessDefenderなどの機能を搭載し、安定性、信頼性およびセキュリティ機能の高いネットワークをお手頃な価格で導入することができます。さらに、ライセンスを追加することにより、Fullレイヤ3スイッチ*7 にアップグレードすることも可能であり、500端末程度の中小規模ネットワークのコアスイッチとしてもご利用いただけます。

 これからも当社ではApresiaシリーズのラインアップを拡充することで、イーサネットスイッチ市場でのプレゼンスを向上させ、これまで以上にエンタープライズ向けおよび通信キャリア向け市場のイーサネットスイッチにおけるシェア拡大を図ってまいります。

以上

 
*1 イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*2 Apresiaは、日立電線株式会社の登録商標です。
*3 MMRP(Multi Master Ring Protocol)は、イーサネットリング高速切替機能です。MMRPは、日立電線の登録商標です。
*4 AccessDefenderは、日立電線株式会社の登録商標です。
*5 準ファンレス方式とは、スイッチへの負荷や周辺温度に応じて必要な場合のみ冷却ファンを動作させ、機器から出る騒音を抑えるものです。
*6 AEOSは、Apresia Extended Operation Systemの略で、日立電線株式会社の登録商標です。
*7 Apresia3448GTは、アップグレードによりStatic-Routing、RIP、RIPv2、OSPFv2、IGMPv2、IGMP-Proxy、PIM-SMなどのプロトコルをサポートするレイヤ3スイッチとして使用できます。
 
 

Apresia3448GTの主な仕様

(仕様は予告なく変更になる場合があります。)

 
項目 Apresia3448GT
インターフェース 10BASE-T/100BASE-TX × 48
1000BASE-X(SFP) × 2
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T × 2
電源 100VAC 50/60Hz
消費電力 65W以下
概算質量 6.0kg以下
外形寸法 436(W)×342(D)×43.8(H)mm
動作温度 0℃〜+50℃
標準価格 \400,000(税別)
 
 

オプション

 
L3 ライセンス \100,000(税別)
SD カード \6,000(税別)
 

Apresia3448GTの外観写真

 
Apresia3448GT
 
本文ここまで



ローカル・ナビゲーションここまで




ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護について | 更新情報 | 商標等に関して |フッタここまで
日立金属株式会社トップページへ COPYRIGHT © 1997 - 2013 Hitachi Metals, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.