ヘッダをスキップ  日立金属ホーム     English    ZoomSight起動ボタン  音声読み上げ・文字拡大 Japan Site

サイト名Apresia The Right Fit アプレシア −日立金属 日立製作所トップページへ


ここからグローバル・ナビゲーション |  ホーム  |  APRESIA Vision  |  製品情報  |  購入案内  |  サポート&サービス  |  グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    トピックス    サイトマップ    お問い合わせ
検索 by Google

 > 詳細な検索


ここからブレッド・クラム ホーム > ニュースリリースブレッド・クラムここまで

ページタイトル

ニュースリリース




ここから本文

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
2009年3月27日
 

新製品「Apresia16000シリーズ」を開発
―通信事業者向けイーサネットスイッチのラインアップ強化―

 

 日立電線株式会社は、このたび次世代のネットワーク遠隔保守・管理機能「Ethernet OAM」*1 *2 やプロバイダバックボーン機能「PBB」*3 などの国際標準規格に対応した通信事業者向けイーサネットスイッチ「Apresia16000シリーズ」*4 *5 を開発しましたので、お知らせします。2009年秋に国内市場向けより販売を開始する予定です。

 近年、企業の拠点間を結ぶネットワークにおいては、Web、メール、ファイル転送等のデータにとどまらず、基幹業務データ、IP電話の音声やTV会議等の映像データ等、多種多様で大量なトラヒックがやり取りされております。それに伴い、従来の専用線による接続から、より高速・大容量かつ安価である広域イーサネット網、さらにはNGN(次世代通信網)への移行が進んでいます。こうした中、当社ではNGN網や広域イーサネット網向けにApresia18000/8000/6000シリーズを開発し、主に国内の通信事業者にご採用いただいております。

 これらの実績を積み重ねる中、こうしたニーズは日本国内に留まらず、海外でも同様であることが明らかになり、当社では、このたびグローバル市場にも視野を広げたApresia16000シリーズを開発いたしました。
 Apresia16000シリーズは、広域イーサネット網におけるネットワーク遠隔保守・管理機能「Ethernet OAM」やプロバイダバックボーン機能である「PBB」といったITU-T(国際電気通信連合電気通信標準化部門)やIEEE802委員会などで標準化された機能を備えており、各国の通信事業者の要求仕様に応えることが可能です。これに加え、当社独自のL2イーサネットリングプロトコルで障害時の高速切り替えが可能な「MMRP2」*6 を搭載しており、障害が発生した場合においても、ネットワークを高速に復旧し、ネットワーク全体への影響を最小限に抑えることが可能です。また、クラストップレベルの低消費電力を実現しているほか、RoHS*7 へも対応しており環境面にも配慮しております。

 今般、Apresia16000シリーズが新たにラインアップに加わることにより、国内の通信事業者のみならず、海外の通信事業者の広域イーサネット網や、今後、国際標準化が進むといわれている次世代移動体通信のモバイルバックホールへのApresiaの採用が期待されます。
 これからも当社では、Apresiaシリーズのラインアップを拡充することで、イーサネットスイッチ市場での当社のプレゼンスを向上させ、Apresiaシリーズのさらなる売上げの拡大を図ってまいります。

以上

 

Apresia16000シリーズの主な仕様

 
モデル名
Apresia 16003 Apresia 16006 Apresia 16012
外形寸法
(W×H×D)mm
483×89×505 483×178×505 483×178×505
ラインカード
最大3枚 最大6枚 最大12枚
最大消費電力(W)
300 650 1,200
最大構成
10G
3 port 6 port 12 port
1G
30 port 60 port 120 port
主な機能
MAC in MAC (IEEE802.1ah PBB/EoE) *8
ITU-T Y.1731 Ethernet OAM
MMRP2
Link Aggregation *9
 
*1 Ethernetは、米国ゼロックス社の製品名称です。
*2 Ethernet OAM (operations,administration,maintenance)とは、IEEE802委員会が「IEEE802.1ag」として標準化したほか、ITU-Tにおいても国際勧告「Y.1731」として標準化されたイーサネット網の保守・管理機能のこと。通信事業者がユーザ間の疎通性監視したり、回線の障害を切り分けるなどの保守・管理に使用する。
*3 PBBとは、Provider Backbone Bridgesの略で、IEEE802委員会において「IEEE802.1ah」として標準化されたMACカプセル技術で、広域イーサネットの利用者増加と負荷低減を同時に実現できる。
*4 Apresiaは日立電線株式会社の登録商標です。
*5 イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*6 MMRP2とは、Multi Master Ring Protocol version2の略です。MMRPは、日立電線株式会社の登録商標です。
*7 RoHS (Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment)指令は、EU (ヨーロッパ連合)における電気・電子機器に対する特定有害物質(鉛、カドミウム、六価クロム、水銀、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテル)の使用制限に関する指令のことです。
*8 EoEとは、Ethernet over Ethernetの略で、イーサネットスイッチによるMACカプセル技術のことです。
*9 Link Aggregationとは、IEEE802委員会で標準化された規格で、複数の物理的な回線を仮想的に1本に扱う技術のことです。
 
 
本文ここまで



ローカル・ナビゲーションここまで




ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護について | 更新情報 | 商標等に関して |フッタここまで
日立金属株式会社トップページへ COPYRIGHT © 1997 - 2013 Hitachi Metals, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.