ヘッダをスキップ  日立金属ホーム     English    ZoomSight起動ボタン  音声読み上げ・文字拡大 Japan Site

サイト名Apresia The Right Fit アプレシア −日立金属 日立製作所トップページへ


ここからグローバル・ナビゲーション |  ホーム  |  APRESIA Vision  |  製品情報  |  購入案内  |  サポート&サービス  |  グローバル・ナビゲーションここまで

    ニュースリリース    トピックス    サイトマップ    お問い合わせ
検索 by Google

 > 詳細な検索


ページタイトル

ニュースリリース




ここから本文

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

 
2009年11月4日
 

イーサネットスイッチAPRESIAシリーズに
新たに30W給電PoEスイッチをラインアップ

 

 日立電線株式会社はこのたび、イーサネットスイッチAPRESIAシリーズ*1*2の新製品として、30Wの給電ができるPoE機能をもった1Gイーサネットスイッチ「Apresia5412GT-PoE」を開発し、11月4日より販売を開始いたしますので、お知らせします。

 近年、企業におけるネットワークでは、画像や音声等の大容量のデータを利用したアプリケーションの普及や、ネットワークのセキュリティが保てる信頼性の高いスイッチへのニーズが高まっています。なかでも、無線LANの環境を整えるために、無線LANアクセスポイントへ電力を供給できるPoE機能を持ったスイッチへの関心が強くなっております。当社では、このようなニーズにお応えするために、イーサネットスイッチ「APRESIA」にPoE機能を持った機種をご提供してまいりました。
 これまで無線LANの規格には、一般的にIEEE802.11a/b/g*3が採用されており、通信速度は最大54Mbpsでした。こうした中、通信速度の速い快適な無線LAN環境を望む声が高まり、最大通信速度600Mbpsに対応するIEEE802.11n*4 が制定されております。
 従来のIEEE802.11a/b/gに対応した無線LANアクセスポイントは、15Wの給電で稼動しておりましたが、IEEE802.11nに対応するためには、より高い給電が必要となり、これに対応するスイッチが求められておりました。

 そこで当社は、30Wの給電に対応したPoE機能をもった1Gイーサネットスイッチ「Apresia5412GT-PoE」を新たに開発しました。
 Apresia5412GT-PoEは、30Wの給電が可能な8個の10/100/1000BASE-TのPoEポートと、アップリンクポートにSFPポートを4個実装しております。これによりIEEE802.11nに対応した広帯域な無線LAN環境の整備が可能となります。
 また、Apresia5412GT-PoEのOSには、運用性と操作性の良さでご評価いただいている「AEOS7」*5を採用しており、障害時の高速切替機能「MMRP-Plus」*6やネットワークセキュリティ機能「AccessDefender」*7などを搭載し、安定性、信頼性およびセキュリティ機能の高いネットワークを導入することができます。
 このほか、ライセンスを追加することにより、Fullレイヤ3スイッチ*8にアップグレードすることも可能であり、500端末程度の中規模ネットワークのコアスイッチとしてもご利用いただけます。

 これからも当社では、APRESIAシリーズのラインアップを拡充することで、お客様のニーズに対する「最適」な答えを提供できるよう努めてまいります。

以上

 
*1 イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
*2 APRESIAは、日立電線株式会社の登録商標です。
*3 IEEE(米国電気電子技術協会)によって定められた無線LANに関する規格の一つです。
*4 IEEE(米国電気電子技術協会)によって定められた無線LANに関する規格の一つです。
*5 AEOSは、APRESIA Extended Operation Systemの略で、日立電線株式会社の登録商標です。
*6 MMRP(Multi Master Ring Protocol)は、イーサネットリング高速切替機能です。MMRPは、日立電線の登録商標です。
*7 AccessDefenderは、日立電線株式会社の登録商標です。
*8 Apresia5412GT-PoEは、アップグレードによりStatic-Routing、RIP、RIPv2、OSPFv2、IGMPv2、IGMP-Proxy、PIM-SMなどのプロトコルをサポートするレイヤ3スイッチとして使用できます。
 

Apresia5412GT-PoEの外観写真

 
Apresia13000-X24-PSR 外観写真
 
 

Apresia5412GT-PoEの主な仕様

(仕様は予告なく変更になる場合があります。)

 
項目 仕様
インターフェース SFP×4
10/100/1000BASE-T×8
電源 100-120VAC 50-60Hz
消費電力 最大85W/平均38.6W(PoE給電なし)
最大290W/平均200W(AC100V時、PoEフル給電)
概算質量 5kg以下
外形寸法 325(W)×390(D)×43.8(H)mm
動作温度 0〜+50℃
標準価格(税別) \400,000-
 
 

オプション

 
L3ライセンス : \200,000 (税別)
 
 
 
本文ここまで



ローカル・ナビゲーションここまで




ページトップへ

 
ここからフッタ  | サイトの利用条件 | 個人情報保護について | 更新情報 | 商標等に関して |フッタここまで
日立金属株式会社トップページへ COPYRIGHT © 1997 - 2013 Hitachi Metals, Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.