ページの本文へ

ニュースリリース

2017年10月5日
APRESIA Systems株式会社

APRESIA SystemsとCoriant社、メトロ光伝送ネットワーク製品の販売パートナーとして代理店契約を締結

 APRESIA Systems株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 笠井克洋、以下、APRESIA Systems)と、Coriant社(本社:ドイツ/アメリカ、以下、Coriant)は、2017年9月1日、販売代理店契約(Reseller Agreement)を締結しました。APRESIA Systemsは、Coriantが開発、提供するメトロ網向け光伝送ネットワーク製品を日本国内で販売します。

 Coriantの光伝送ネットワーク製品は、先進の信号処理エンジンと組み換え自在な光通信機能、および高度な組み込みソフトウェアを統合したCloudWave™をコア技術として、ファイバあたりの伝送容量25.6T bit/s(テラビット/秒、テラは10の12乗)、あるいは高さ1U(約44mm)の筐体に1.6T bit/sの実装密度を実現するなど、光通信分野において新たなレベルの伝送性能、電力効率、拡張性を可能にします。またROADM機能を具備し、光伝送ネットワークにおける光波長の経路制御を集中的に行います。これらによりメトロ伝送網、データセンター間の接続、キャンパス間通信などにおいて、モバイル、IoTなどによる今後のデータ量の増加を見越した、柔軟かつ最適な伝送ネットワークを構築できます。

 今回の代理店契約により、APRESIA Systemsは自社開発のイーサネットスイッチおよびメディアコンバータ製品「APRESIA」と合わせ、通信事業者様、データセンター事業者様、ケーブルテレビ事業者様などにトータル通信ネットワークソリューションを提供し、ワンストップで設計支援・保守サービスを提供してまいります。

Coriant社について

 Coriantは、Nokia Siemens Networks Optical Networks、Tellabs™、Sycamore Networks, Inc.を前身として2013年に設立された会社で、光伝送分野に特化した高い技術力でグローバルに業界をリードしています。

APRESIA Systems 株式会社について

 APRESIA Systemsは、意思決定の迅速化と情報システム事業のさらなる成長をめざして、日立金属株式会社の情報システム事業部門が2016年に独立し設立した株式会社です。日立グループで長年培った技術をさらに磨き、情報システム専業会社として、通信インフラの高度化への対応等、お客様をはじめとするステークホルダーの皆様のご期待に応えることをめざしています。

関連リンク

  • * イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
  • * APRESIAは、APRESIA Systems 株式会社の登録商標です。
  • * 本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • * 本ニュースリリース記載の情報(製品・サービスの内容、仕様、価格、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
  • * ROADMは、Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexerの略です。

本件に関するお問い合わせ先

■報道関係のお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
管理本部 経営企画部
宗方渉、岩戸玲子
Tel: 03-6369-0391
■製品・サービスに関するお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
ネットワーク事業本部 事業戦略室
水谷渉、渡辺純平
Tel: 03-6369-0386
ページの先頭へ