ページの本文へ

ニュースリリース

2018年5月24日
APRESIA Systems株式会社

APRESIA SystemsがIoT、次世代モバイル向けに小型耐環境スイッチを発表
~ インストール作業の効率化を実現する自動化機能や10年以上の稼働を意識した高信頼ハードウェアなど、進化する社会基盤インフラや工場・プラントなどで求められる性能、機能を多数実現~

APRESIA Systems株式会社(以下:APRESIA Systems)は、耐環境性能を備えたファンレス小型10GbE対応スイッチであるApresia20000シリーズの販売を開始しました。

Apresia20000シリーズの特徴的な機能や性能

  • – 高温/低温などの温度環境やスペースが制限される設置環境など厳しい環境下でも動作可能なハードウェア性能。ファンレスで10GbEを8ポート具備
  • – ZTPや初期テスト自動化機能などで製品設置時のインストール作業の負荷を低減
  • – OAM、温度監視、送受信光レベルモニター機能などで運用・保守業務を効率化
  • – 国内での製造開発、ソフトエラー対策向け高信頼性メモリの採用、ヘルスチェック機能の充実などにより10年以上の稼働を意識した高信頼ハードウェアを実現
  • – 次世代ネットワークの更なる高度化において重要になると予想される時刻同期機能の実装
  • – 10GbEでの長距離1芯双方向通信を実現するSFP+光トランシーバ(10GBASE-BR)を採用し伝送機能を統合したことでコストの削減が可能

Apresia20000シリーズのハードウェア性能や特徴的な機能は様々な市場領域に活用が可能です。APRESIA SystemsはApresia20000シリーズを、次世代モバイルネットワーク(5G)、工場やプラントなどの産業用ネットワーク、4k・8k放送に代表される映像伝送市場など様々な市場領域での採用を目指します。

製品写真

左:Apresia20000-8X4T-AC、右:Apresia20000-8X4T-DC

製品仕様

モデル名 Apresia20000-8X4T-AC Apresia20000-8X4T-DC
Interface 10BASE-TX/100BASE-TX/1000BASE-TX:4ポート
1000BASE-X/10GBASE-R:8ポート
電源対応 内蔵型AC電源
90~110V
内蔵型DC電源
-56~-42V
消費電力 最大33W 最大32W
外形寸法 210(W)×220(D)×44(H) mm
動作温度 -10~+50℃
  • * APRESIAは、APRESIA Systems株式会社の登録商標です。
  • * ZTPはZero Touch Provisioningの略称です。
  • * OAMはOperations, Administration, Maintenanceの略称です。
  • * 時刻同期機能は将来実装予定です。

APRESIA Systems 株式会社について

APRESIA Systems株式会社は、意思決定の迅速化と情報システム事業のさらなる成長を目指して、日立金属株式会社の情報システム事業部門が2016年に独立し設立された株式会社です。日立グループで長年培った技術をさらに磨き、情報システム専業会社として、通信インフラの高度化への対応等、お客様をはじめとするステークホルダーの皆様のご期待に応えることを目指しています。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

■報道関係のお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
経営企画部
岩戸
Tel: 03-6369-0391
■製品・サービスに関するお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
通信キャリア事業部
ネットワークエンジニアリング部
渡辺
Tel: 03-6369-0386
ページの先頭へ