ページの本文へ

ループ防止機能(LoopDetect)

基本構成図

設定のポイント

ループ検知機能の動作条件

  • ループ検知フレームは、タグ情報を持たない64バイトのマルチキャストフレームを送出する。(Tag VLAN には対応してないのでTag ポートでもTagを付与されずに送出される。そのため、対向機器でループ検知フレームを転送するにはNative VLAN を設定する必要がある。)
  • 機器ごとに識別されたループ検知フレームを受信することでループ検知と判断する。(例えば、配下にある島HUBが帯域輻輳の状態である場合や、コリジョン発生によりループ検知フレームが廃棄された場合には、ループ検知されないことに注意。)

ファームウェアバージョンによる動作の違い

<FMシリーズ(ver.1.04.00)およびGMシリーズ(ver.1.00.01)まで>
ポート配下のループ検知に対応。
<FMシリーズ(ver.1.05.00)およびGMシリーズ(ver.1.01.00)以降>
ポート配下およびポート間のループ検知に対応。
<FMシリーズ(ver.1.07.00)およびGMシリーズ(ver.1.03.00)以降>
ポート配下およびポート間のループ検知に対応。
また、ループ検知している状態で本装置のconsole LED が高速に点滅する可視化機能に対応。

L2スイッチの設定例

VLANの設定
#config vlan default delete 1-28
#create vlan vlanid 10
#create vlan vlanid 20
VLAN1(default)は未使用のため削除。
VLAN(10,20)を作成。
ポートの設定
#config vlan vlanid 10 add untagged 1-12
#config vlan vlanid 20 add untagged 13-24
#config vlan vlanid 10,20 add tagged 25-26
VLAN(10)をuntagポート1-12に設定。
VLAN(20)をuntagポート13-24に設定。
VLAN(10,20)をtagポート25-26に設定。
ループ防止機能の設定
#enable loopdetect

#config loopdetect recover_timer 0 interval 10
スイッチのループ防止機能を有効にする。

ループ防止機能を設定。
  • 復旧タイマー(0秒)※
  • ループ検知フレームの送信間隔(10秒)
※復旧タイマー0秒の場合、自動リカバリーは無効。
ポート復旧には、手動で以下コマンドを実施。
#config ports <portlist> state disable
#config ports <portlist> state enable
ループ防止機能のポート設定
#config loopdetect ports 1-25 state enable method shutdown

#config loopdetect ports 26 state enable method drop
ポート1-24,25をShutdownモードでループ防止機能を有効にする。(ポート閉塞してパケット転送を停止)

ポート26をDropモードでループ防止機能を有効にする。(ポート閉塞しないでパケット転送させる)

【確認コマンド】

show loopdetect
show loopdetect ports <portlist>
show ports err_disabled

ページの先頭へ