ページの本文へ

プロトコルVLAN

基本構成図

構成図の通信

  • ポート2から入力されたIPXプロトコルはIPX-VLANポート4、6、25に転送。
  • ポート2から入力されたIPX以外のプロトコルはポート1、25に転送。
  • 他ポートについてもプロトコルVLANおよびPVIDに従った色太線で示すポートに転送。

設定のポイント

  • フレームフォーマットがEthernetIIまたはEEE802.3 SNAPで、プロトコルタイプが合致するフレームを指定のプロトコルVLANに転送する。
    ※802.3 with LLCなど、その他のフレームフォーマットには未対応。
  • 転送は、ポートに設定されたPVIDよりもプロトコルVLANが優先される。
    (設定例では、ポート2のPVID(10)とポート4のPVID(20)となるが、プロトコルVLAN(50)が優先されるためポート2-4間でIPX通信が可能。IPX以外はPVIDに従った通信になる。)

L2スイッチの設定例

VLANの設定
#config vlan vlanid 1 delete 1-28

#create vlan vlanid 10
#create vlan vlanid 20
#create vlan vlanid 50
VLAN1(default)は未使用のため削除。

IPX以外の通信用にVLAN(10, 20)を作成。

IPX通信用としてプロトコルVLAN(50)を作成。
ポートの設定
#config vlan vlanid 10 add untagged 1,2
#config vlan vlanid 10 add tagged 25

#config vlan vlanid 20 add untagged 3,4
#config vlan vlanid 20 add tagged 25

#config vlan vlanid 50 add untagged 2,4,6,25
VLAN(10)をuntagポート1, 2に設定。
VLAN(10)をtagポート25に設定。

VLAN(20)をuntagポート3, 4に設定。
VLAN(20)をtagポート25に設定。

プロトコルVLAN(50)をuntagポート2, 4, 6, 25に設定。
ポートのPVID設定
#config gvrp 1,2 pvid 10
#config gvrp 3,4 pvid 20
#config gvrp 6,25 pvid 1
ポート1, 2のPVIDを10に設定。
ポート3, 4のPVIDを20に設定。
ポート6, 25のPVIDを1に設定。
プロトコルVLANの設定
#create dot1v_protocol_group group_id 1 group_name IPX

#config dot1v_protocol_group group_id 1 add protocol ethernet_2 0x8137

#config port dot1v ports all add protocol_group
プロトコルグループ1のグループ名をIPXに作成。

プロトコルグループ1にIPX(プロトコルタイプ 8137)を設定。

プロトコルグループ1にVLAN(50)を設定

【確認コマンド】

show dot1v_protocol_group
show port dot1v
show gvrp

ページの先頭へ