ページの本文へ

802.1p優先制御

基本構成図

設定のポイント

  • 装置で受信したタグ無しパケットの優先度は、デフォルト設定ではpriority 0に 設定されています。
  • スイッチには4 個のハードウェア優先キュー(Class0~3)があります。

下記は入力パケットの802.1p ユーザー優先値とスイッチの4 個のハードウェア優先キューとのデフォルトのマッピングです。(設定変更可能)

802.1p ハードウェアキュー 備考
Priority-0 Class-1 中-低
Priority-1 Class-0 最低
Priority-2 Class-0 最低
Priority-3 Class-1 中-低
Priority-4 Class-2 中-高
Priority-5 Class-2 中-高
Priority-6 Class-3 最高
Priority-7 Class-3 最高

設定例

タグなしパケット(受信ポート)に割り当てるパケット優先度
#config vlan vlanid 1 delete 1-24
#create vlan vlanid 10,20,30,40
#config vlan vlanid 10 add untagged 1
#config vlan vlanid 20 add untagged 2
#config vlan vlanid 30 add untagged 3
#config vlan vlanid 40 add untagged 4

#config vlan vlanid 10,20,30,40 add tagged 24

#config 802.1p default_priority 1 1
#config 802.1p default_priority 2 3
#config 802.1p default_priority 3 5
#config 802.1p default_priority 4 7
VLAN1(default)は未使用のため削除。

VLAN(10)をUntagポート1に設定。
VLAN(20)をUntagポート2に設定。
VLAN(30)をUntagポート3に設定。
VLAN(40)をUntagポート4に設定。

VLAN(10,20,30,40)をTagポート24に設定。

ポート1のpriorityを1に設定。
ポート2のpriorityを3に設定。
ポート3のpriorityを5に設定。
ポート4のpriorityを7に設定。

【確認コマンド】

show 802.1p default_priority
show 802.1p user_priority
show scheduling
show scheduling_mechanism

ページの先頭へ