ページの本文へ

APLFMシリーズにおいてオートネゴシエーション設定をご使用の場合の注意点

以下の対象機種および対象バージョンにおける、オートネゴシエーション設定を使用する場合の注意点を連絡します。

対象機種

  • ApresiaLightFMシリーズ

対象バージョン

  • 1.07.01以前

注意点の内容と回避策

  1. 対象機種のユーザーポートまたはコンボポートをオートネゴシエーション設定にして対向機と接続し、リンクを確立または切断する過程において、ごく希にリンク状態の検出に失敗し、リンクアップまたはリンクダウン以外の状態になることがあります。
    その結果、例外処理に入りその回復のためにウォッチドッグタイムアウト (リカバリー)が働きwarm startを発生させます。
    この事象の回避策としては、オートネゴシエーション設定ではなく固定設定で使用していただくことにより回避可能です。

本事象はVer.1.07.02にて改修済みです。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。
ページの先頭へ