ページの本文へ

ApresiaLightシリーズの認証機能における動的VLAN割当数の注意点

ApresiaLightシリーズの認証機能において動的VLANを使用する場合の注意点を連絡します。

対象機種

  • ApresiaLightFMシリーズ
  • ApresiaLightGMシリーズ
  • ApresiaLightGM152GT

対象バージョン

  • 全てのバージョン

注意点

MAC/WEB/802.1Xの各認証方式で動的VLANを使用する場合、装置全体の収容数は下記の通りです。

  MAC認証 WEB認証 802.1x認証
ApresiaLightFMシリーズ 512(装置全体)
ApresiaLightGMシリーズ 64(装置全体)
ApresiaLightGM152GT 1000(装置全体)
注1
各認証方式を併用した場合、動的VLANの収容数は装置全体で上記の通りです。
注2
各認証方式で静的VLANと動的VLANを併用した場合、動的VLANの収容数は上記の通りです。
静的VLANでは、各認証方式の上限(動的VLANで使用の収容数を除く)まで収容可能です。
注3
MAC認証では最大収容数を初期値の128から拡張した場合も動的VLANの収容数は上記に制限されます。
注4
動的VLANでは、収容端末の管理に関するハードウェアの制限により上記の収容数に満たない場合があります。
ページの先頭へ