ページの本文へ

ユーザーループ検知機能

ユーザーループ検知機能の動作

ループを検知すると自動的に、そのポートをシャットダウンします。

自動復旧時間を設定しておくことで、自動的にポートを復旧させることが可能です。

ループ要因が取り除かれてない場合は再度シャットダウンします。

ループ検知機能の動作条件

自身のSourceMACアドレスを持つ制御フレームが自身のユーザーループ検知設定ポートに戻ってくることをトリガとしネットワーク切り離しを行います。

  • 制御フレームは存在しないユニキャストMAC宛なのでスイッチングHUBにおいてもフラッディングされます。そのためループ構成ならば制御フレームが戻りAPRESIAでループ検知が可能となります。

制御フレームの送信はCPU処理ですが受信はハード処理でループ検知します。

  • ループが発生しCPU使用率が増加した状態でも制御フレームの処理が可能です。

ユーザーループ検知の基本設定項目一覧と設定例

No. 項目 デフォルト設定 備考
1 ループ検知動作状態 Disable 必須 
(enable)
2 動作ポート loop-watch port なし 必須
loop-watch port notify-only
3 ユーザループ検知フレームの送信間隔 loop-watch interval 10秒 任意
4 ポートを閉塞する受信検知フレーム閾値 loop-watch threshold 1(個) 任意
5 SNMP trap ※1 snmp-server traps loop-watch 有効 任意
6 SNMP trap 送信 ※1 snmp-server host なし 任意
7 Syslog送信 ※2 転送先IP/facility/priority なし 任意
※1
通知されるtrapは、ループ検知した際(ポート閉鎖、閉鎖しない両場合)、自動復旧時に送信されます。
別途、trap送信先の設定入力が必要です。
※2
ループ検知ログをsyslogサーバーで管理する場合は必須です。
ループ検知した際(ポート閉鎖、閉鎖しない両場合)、自動復旧時に送信されます。
AEOS7設定例 コメント
loop-watch auto-recovery timer 300
loop-watch port 1-24
loop-watch port 25-26 notify-only
loop-watch enable
ポートを閉鎖し300秒経過後、自動開放される。
ポート1-24はループ検知するとポートを閉鎖する。
ポート25-26はループ検知してもポートを閉鎖しない。
AEOS8設定例 コメント
loop-watch auto-recovery timer 300
interface port 1/1-24
 loop-watch port enable
interface port 1/25-26
 loop-watch notify-only
 loop-watch port enable
loop-watch enable
ポートを閉鎖し300秒経過後、自動開放される。

ポート1/1-24はループ検知するとポートを閉鎖する。

ポート1/25-26はループ検知してもポートを閉鎖しない。
(notify-onlyオプションあり)
ページの先頭へ