ページの本文へ

sFlow 設定例

設定例の構成

設定例の構成

スイッチの設定(L3スイッチ)
設定コマンド 説明
hostname Ap13k-52-1 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name vlan10
 vlan 20 name vlan20
 vlan 30 name vlan30
VLANの設定
interface manage
 ip address 172.26.9.1/24
IPアドレスの設定(管理ポート)
interface port 1/1
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
 sflow forwarding ingress
インターフェイスの設定
-trunkポートでvlan10,vlan20をアサイン
-IngressパケットをsFlow監視対象に指定
interface port 1/5
 switchport access vlan 30
インターフェイスの設定
-accessポートでvlan30をアサイン
interface vlan 10
 ip address 192.168.10.2/24
 interface vlan 20
 ip address 192.168.20.2/24
 interface vlan 30
 ip address 192.168.30.2/24
IPアドレスの設定(VLANインターフェイス)
sflow destination 1 172.26.9.70
sflow source 172.26.9.1
sflow enable
sFlowの設定
-sFlowパケットの送信先(sFlowコレクタのIPアドレス)を指定
-sFlowパケットの送信元IPインターフェイスを指定
-sFlow機能を有効化

※注
本設定例では、カウンターサンプル報告間隔(sflow polling-interval)、サンプリングレート(sflow sample)はそれぞれデフォルト値を利用しています
スイッチの設定(L2スイッチ)
設定コマンド 説明
hostname Ap13k-52-2 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name vlan10
 vlan 20 name vlan20
VLANの設定
interface manage
 ip address 172.26.9.2/24
IPアドレスの設定(管理ポート)
interface port 1/2
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
 sflow forwarding ingress
インターフェイスの設定
-trunkポートでvlan10,vlan20をアサイン
-IngressパケットをsFlow監視対象に指定
interface port 1/5
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
インターフェイスの設定
-trunkポートでvlan10.vlan20をアサイン
sflow destination 1 172.26.9.70
sflow source 172.26.9.2
sflow enable
sFlowの設定
-sFlowパケットの送信先(sFlowコレクタのIPアドレス)を指定
-sFlowパケットの送信元IPインターフェイスを指定
-sFlow機能を有効化

※注
本設定例では、カウンターサンプル報告間隔(sflow polling-interval)、サンプリングレート(sflow sample)はそれぞれデフォルト値を利用しています

注意事項

対応バージョン

  • sFlow version4対応となります
  • v4とv5は互換性がないため、適用の際はsFlowコレクタの対応バージョンをご確認ください

Egress指定について

Egressパケットを監視対象として指定した場合、デフォルト設定では、フローサンプル内のSource ID、および、Output InterfaceのifIndex値が"常に0"として出力されます
* そのため、sFlowコレクタ側で出力ポートが不明(unknown)と表示される場合があります
モード変更コマンド(sFlow mode)によりifIndex値を変更(置き換え)することで、コレクタ側で出力ポートを表示させることが可能です
* 但し、変更後のポート番号は、Egress設定したポートのうち1番数値の小さいポート番号となります

サンプリング間隔の調整

  • サンプリング後のパケット数が、CPU処理能力を超過した場合、フローサンプル、カウンターサンプルが正しく送信されないことがあります
  • CPU使用率(show systemコマンドのCPU Rate(1min,%))が40%以下となるよう各パラメーターを適正な値に設定してご利用ください

sFlowコレクタ

ここではInMon社のsFlow Trend*(フリーツール)を利用
* 検証時はVer.4.4を利用

sFlow

コレクタ表示例:Counters

コレクタ表示例:Counters

コレクタ表示例:Top Source-Destination Pairs

コレクタ表示例:Top Source-Destination Pairs

コレクタ表示例:Top Source-Destination Flows

コレクタ表示例:Top Source-Destination Flows

ページの先頭へ