ページの本文へ

Condition Based QoS

柔軟なポリシー設計が可能

  • パケットフィルター機能と連動し、細やかなTraffic識別が可能

パケットフィルター機能と連動し、細やかなTraffic識別が可能

  • 特定アプリケーションの優先制御
  • 特定アプリケーションのToS/CoSのRemarking
    TV会議システムやIP電話などのマルチメディアアプリケーションのDSCP値をスイッチが識別して優先制御可能。
    送信元・先のIPアドレス・TCP・UDPポート番号を識別してToS/CoSの付け替え(Remarking)が可能。
    Packet-filterで識別できるTrafficは全て優先順位の設定、ToS/CoSのRemarkingが可能。

特定アプリケーションの優先制御

ページの先頭へ