ページの本文へ

MLAG (Multi-chassis Link Aggregation)

2台のスイッチにまたがったLAGでもループしないしくみで、ネットワークの安心構築を可能に。

L2冗長プロトコルレス

不安定なプロトコルを使わずに機器の冗長が可能に。

L2冗長プロトコルレス

簡単な相互接続

プロトコルを使用しないのでメーカーの異なる機器同士でも相互接続が簡単になり、ネットワークの更新が容易に。

簡単な相互接続

ループフリー

冗長機能がハードウェア化されることでループリスクのないネットワーク冗長が可能になります。

ループフリー

高速切替

障害時の切替をハードウェアで行うことで、アプリケーションに影響を与えない短時間の切替を実現。

高速切替

帯域の有効活用

帯域をフルで使えて無駄がない上、導入することで利用帯域が倍増するため、増速にコストをかける必要がなくなります。

帯域の有効活用

ページの先頭へ