ページの本文へ

APRESIA


閉じる

OPL-3108DW

WDM フィルターカード

OPL-3108DW
分類 8波1芯双方向DWDMカード
構成 MUX/Demux:2
チャネル数 8ch ×2方路
ポート数 WDM 1(方路あたり)
Tributary 8(方路あたり)
コネクター WDM SC ※1
Tributary LC ※1
光ファイバー WDM SMF/DSF ※2
Tributary SMF
挿入損失 最大4dB ※7
使用波長 波長数 8
波長帯 ITU-T DWDMグリッド 100GHz間隔
Grid59(1530.33nm) Grid57(1531.90nm)
Grid51(1536.61nm) Grid46(1540.56nm)
Grid36(1548.51nm) Grid32(1551.72nm)
Grid29(1554.13nm) Grid20(1561.42nm)
対向機器 OPL-3108DW
OPL-3008DW-A
OPL-3008DW-B
接続機器 -
補足 ※1 コネクターは、SPC, UPC, AdPC研磨等の低反射タイプのものをご使用ください。
※2 DSFファイバーと接続した場合、挿入損失が仕様値よりも増加する場合があります。
※3 OPL-3002CWを対向接続した場合の合計損失です。
※4 OPL-3104DW-AとOPL-3104DW-Bを対向接続した場合の合計損失です。
※5 OPL-3008DW-AとOPL-3008DW-Bを対向接続した場合の合計損失です。
※6 OPL-3016DW-AとOPL-3016DW-Bを対向接続した場合の合計損失です。
※7 WDM-AとWDM-B (MUXとDEMUX) を対向接続した場合の合計損失です。
※8 MUXあるいはDemuxのいずれかと、1芯化部の2カ所の合計損失です。
※9 1芯化部2か所の合計損失です。
※10 分岐ポートはWORKポート、プロテクションポート各1ポートで構成されます。
※11 OPL-5001DW-61を対向接続した場合の合計損失です。