ページの本文へ

光回線運用技術

インバンド管理機能

ユーザー拠点など遠隔にある伝送装置との間で、保守信号を伝達する機能です。遠隔まで管理網を伸ばす必要がなくなります。

FLR(Fast Link Relay)機能

回線に障害が発生した時、必要なポートのリンクをOFFして障害発生を伝達する機能です。

イーサOAM機能

ITU-T勧告Y.1731規格に準拠した管理運用機能です。

ビットエラーレート監視機能

ビットエラーを連続測定し、回線品質の劣化を監視する機能です。

順方向エラー訂正(FEC)機能

ITU-T勧告G.709に準拠した光伝送網向けのフレームフォーマット技術です。リアルタイムのエラー訂正能力を持ちます。

ループバックテスト機能

長距離伝送区間の伝送路の状態をチェックする機能です。

ページの先頭へ