ページの本文へ

ApresiaNP7000 / NP5000

スタック対応によりシンプルな冗長構成を実現する、40G対応インテリジェントスイッチ。
L3ライセンスの追加により、中規模エンタープライズ・キャンパスネットワーク向けのコアスイッチとしても利用可能です。

ApresiaNP7000-48X6L

希望小売価格 \3,800,000(税別) / アカデミック価格 \1,980,000(税別)

ApresiaNP7000-48X6L

ApresiaNP7000-48X6L

ApresiaNP7000-48X6L

詳細を開く
  • QSFP+6 Port
  • SFP/SFP+48 Port
  • 10/100/1000-T(マネージメント)1 Port
  • ユーザーズガイド
  • マニュアル
  • イメージ素材
  • カタログ

機能マーク(一部詳細をご覧いただけます。)

モジュール構成
(スロット数。カッコ内は必須数)
電源 ファン
2(1) 4(4)

[※1]将来対応予定

ApresiaNP5000-48T4X

希望小売価格\1,000,000(税別)

ApresiaNP5000-48T4X

ApresiaNP5000-48T4X

ApresiaNP5000-48T4X

詳細を開く
  • QSFP+2 Port
  • SFP/SFP+4 Port
  • 10/100/1000-T48 Port
  • 10/100/1000-T(マネージメント)1 Port
  • ユーザーズガイド
  • マニュアル
  • イメージ素材
  • カタログ

機能マーク(一部詳細をご覧いただけます。)

モジュール構成
(スロット数。カッコ内は必須数)
電源 ファン 40Gモジュール
2(1) 3(3) 1(0)

[※1]将来対応予定 [※2]オプションの40Gモジュール「NP5K-2L」を実装した場合

大容量・高性能 【NP7000】
最大1.44Tbpsのスイッチング容量を有し、シャーシ型スイッチに匹敵する性能を有しています。40Gインターフェース/10Gインターフェースを多く備えており、大容量トラフィックの交換が必要なコアスイッチとしてご利用いただけます。
【NP5000】
1Gインターフェースを多く備えており、ディストリビューションスイッチやデータセンターのToRスイッチとしてご利用いただけます。
高信頼・可用性

スタックに対応し、経済性・柔軟性に優れたコアスイッチを構成することが可能です。また、シンプルな冗長構成、運用管理を実現します。

VRF(※1)に対応し、1台のスイッチでネットワークを論理的に分割し、複数のルーティングテーブルを保持することが可能です。同じアドレス体系で設計ポリシーの異なる複数のネットワークを1台のコアスイッチに統合可能です。

高速リングプロトコルMMRP-Plusに対応しています。また、トライアングル/スクエア/リングと多彩な構成に適用することができ、ご利用シーンに合わせた柔軟な設計が可能です。

ユーザーループ検知機能を備え、ユーザーの誤接続によるネットワークのループ障害を防止することが可能です。

CoS/ToS/DSCPだけでなく、L2~L4ヘッダーの識別が可能。VoIPなどアプリケーションごとのトラフィックを細分化することができ、きめ細かい優先制御が可能です。

環境対応

1Uのコンパクト設計。ラック内のスイッチ収容スペースを削減することでサーバーなどを効率的に収容することが可能です。

RoHS指令に準拠しており、環境負荷の低減に貢献しています。

旧来のシャーシ型コアスイッチ構成と比較し、ボックス型スイッチをコアスイッチにすることで、ネットワーク全体の消費電力を大幅に低減することが可能です。

運用管理

SDカードブートに対応し、SDカードからのファームウェア、config情報の読み込みが可能です。保守手順を簡略化することで保守作業の時間とコストを削減します。

電源モジュール、FANモジュール、SFPモジュールはホットスワップに対応。特に操作なく各モジュールの交換が可能です。

障害情報などの運用ログを装置内に記録するしくみを有しています。

セキュリティー

WEB、MAC、IEEE802.1X、DHCPスヌーピングの4つの認証方式に対応。同一ポートでの複数端末認証、各認証モードの併用にも対応しており、利用環境に応じた柔軟なセキュリティーポリシーの設計が可能です。

TelnetだけでなくSSHでのリモートアクセスに対応。遠隔からの装置アクセスをよりセキュアに実現します。またRADIUSを利用したスイッチのログイン認証にも対応しており利用者の制限や記録を行うことも可能です。

L2スイッチとして動作している場合も、L2~L4までの多彩な条件でのフィルタリング(アクセスリスト)を指定可能。ハードウェアベースで動作するため、複数指定した場合も安定してご利用いただけます。

IPv6

IPv6のハードウェアルーティングにも対応しており、将来移行が想定されるIPv6ネットワークへの適用も可能です。

拡張性

装置にL3ライセンスを追加することで、L2スイッチをL3スイッチにアップグレードすることが可能です。L2/L3スイッチを同一のハードウェアとすることで予備機材の配備数を低減することができます。

SDN対応

OpenFlow 1.3をサポート(※1)。ファームウェアのバージョンアップにより、将来的にSDNへの移行が可能です。

補足
  • ※1 将来対応予定
関連製品 型式 希望小売価格
(税別)
適用機種
NP7000-48X6L NP5000-48T4X
ファンユニット (前面吸気) ※1、※3 FAN-0402-F \35,000
ファンユニット (背面吸気) ※1、※3 FAN-0402-R \35,000
460W 対応版 AC 電源ユニット (前面吸気) ※2、※3 PWR-460-ACF \100,000
460W 対応版 AC 電源ユニット (背面吸気) ※2、※3 PWR-460-ACR \100,000
800W 対応版 DC 電源ユニット (前面吸気) ※2、※3、※4 PWR-800-DCF \250,000
40Gインターフェースモジュール (QSFP+ 2ポート) NP5K-2L \200,000 -
SD メモリーカード (2Gbyte) HC-SD2G-A01 \10,000
SD メモリーカード (1Gbyte) HC-SD1G-A01 \8,000
SD メモリーカード (512Mbyte) HC-SD512-A01 \7,000
ソフトウェアライセンス L3 LICENSE (1ライセンス) ※5 HL-NP7K-L3-LICENSE \500,000 -
ソフトウェアライセンス L3 LICENSE (1ライセンス) ※5 HL-NP5K-L3-LICENSE \300,000 -
補足
  • ※1 ファンユニットは同一型式が4個(NP7000-48X6L)または3個(NP5000-48T4X)必要となります。
  • ※2 電源ユニットは1個または2個で動作可能です。
  • ※3 ファンユニットと電源ユニットは、同一の吸気方向を実装する必要があります。
  • ※4 DC電源ユニットは将来対応予定。
  • ※5 ライセンスを適用しない場合はL2スイッチとして動作します。
  ApresiaNP7000-48X6L ApresiaNP5000-48T4X
Interface 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T - 48
1000BASE-X/10GBASE-R 48 (SFP/SFP+) 4 (SFP/SFP+)
40GBASE-R 6 (QSFP+) 2 (QSFP+) ※1
Management Port 1 (10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T) 1 (10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)
パフォーマンス ノンブロッキング
スイッチ容量 1.44Tbps 336Gbps
スループット 1071.4Mpps 250Mpps
パケットバッファ 12Mbyte 4Mbyte
MAC 登録数 160k 64k
VLAN ポートベースVLAN
802.1QベースTAG VLAN
サポートVLAN数 4094 4094
Protocol VLAN
Stacked VLAN
Private VLAN
スタック 台数 同一機種にて最大4台 同一機種にて最大4台
インターフェース 40G 40Gまたは10G
Layer3機能(IPv4) IP Interface 最大値 256 256
経路情報保持数 (目安) 16000 16000
ユニキャストルーティングプロトコル Static, RIPv1/v2, OSPF
(BGPは将来対応予定)
Static, RIPv1/v2, OSPF
(BGPは将来対応予定)
マルチキャストルーティングプロトコル PIM-SM/PIM-SSM PIM-SM/PIM-SSM
二重化機能 VRRP VRRP
ハードウェアポリシーベースルーティング
Layer3機能 (IPv6) IP Interface 最大値 256 256
経路情報保持数 (目安) 8000 8000
ユニキャストルーティングプロトコル Static, RIPng, OSPFv3 Static, RIPng, OSPFv3
マルチキャストルーティングプロトコル PIM-SM/PIM-SSM PIM-SM/PIM-SSM
二重化機能 VRRP VRRP
VRF VRF (将来対応予定) (将来対応予定)
DHCP DHCPリレー
DHCPサーバー
DHCPクライアント
ネットワーク認証 802.1X
MAC認証
WEB認証 (SSL対応) ○ (IPv4のみ) ○ (IPv4のみ)
ゲートウェイ認証 ○ (IPv4のみ) ○ (IPv4のみ)
DHCP-Snooping ○ (IPv4のみ) ○ (IPv4のみ)
1ポート複数認証方式対応
Dynamic VLAN
認証ページリダイレクト
ローカルDB認証/強制認証
User Policy Control
ハードウェアPacket Filter
(Access-List)
最大エントリー数 3072 3072
L1 ~ L4制御
IPv6制御
QoS キューの数 (優先クラス) 8 8
フレーム識別 802.1p/ToS 802.1p/ToS
スケジューリング RR/WRR/SPQ/WDRR/WRED RR/WRR/SPQ/WDRR/WRED
Condition Based QoS
ポリシー毎の帯域保証
ポリシー毎の帯域制限
帯域制御 入力Traffic制限 (Policing) ○ (8k単位) ○ (8k単位)
出力Traffic制限 (Shaping) ○ (8k単位) ○ (8k単位)
Multicast Filtering IGMP-Snooping v1/v2/v3 v1/v2/v3
IGMP-Snooping Proxy
IGMPクエリア
MLD-Snooping v1/v2 v1/v2
ストームコントロール
(Flooding制御)
フレーム種別 UC/BC/MC UC/BC/MC
制御動作 Limit/Shutdown Limit/Shutdown
ユーザーループ検知 ループ検知
(loop-detection)
アラーム通知 - -
Layer2冗長機能 802.3ad Link Aggregation ○ (Static, LACP) ○ (Static, LACP)
Multi-Chassis Link-Aggregation (MLAG) ○ (スタック) ○ (スタック)
LAGグループ数/装置 最大32グループ/装置 最大32グループ/装置
ポート数/LAGグループ 最大8ポート/1グループ 最大8ポート/1グループ
MMRP-Plus
ERPS (G.8032)
Port Redundant (将来対応予定)
Flush FDB ○ (Port Redundantのオプションで可) -
xSTP STP/RSTP/MSTP STP/RSTP/MSTP
Rapid-PVST+
ミラーリング Port Based Mirroring
Condition Based Mirroring
リモートミラーリング
マネージメント SNMP v1/v2c/v3 v1/v2c/v3
TRAP/syslog
RMON
sFlow v5 v5
Console/Telnet/SSH
RADIUS/TACACS+
802.1ab LLDP
DHCP auto configuration
SDカードブート
Ethernet OAM (IEEE802.3ah)
CFM (IEEE802.1ag)
PoE PoE 給電ポート数 - -
15.4W フル給電ポート数 - -
30W フル給電ポート数 - -
給電電力 - -
データセンター Cut-Through -
その他 中継パス制限機能
Jumbo Frame
停電時のログ保存機能
ハードウェア サイズW (mm) 441 441
サイズD (mm) 448 390
サイズH (mm) 44 44
概算質量 7.0kg以下 ※2 6.0kg以下 ※2
消費電力 (AC100V時)
最大/典型値 ※3
306W/190W 165W/98W
動作温度 0℃ ~ +45℃ 0℃ ~ +45℃
周囲温度監視
騒音特性 ※4 約 78dB(A) ※5 約 74dB(A) ※5
電源二重化対応
AC電源対応 100 ~ 127V ±10%
200 ~ 240V ±10%
(50/60Hz)
100 ~ 127V ±10%
200 ~ 240V ±10%
(50/60Hz)
DC電源対応 ※6 -60 ~ -40.5V -60 ~ -40.5V
FANレス対応 - -
MTBF (本体のみ) 30年 37年
省エネ法 区分 ※7 ※7
補足
  • ※1 40Gオプションモジュール NP5K-2L 実装時
  • ※2 電源、ファン、40Gインターフェースモジュール含まず
  • ※3 全ポート1518ByteユニキャストL2フレーム、IFG 12Byte通信、SFP+ポートH-LR-SFP+、QSFP+ポートH-LR4-QSFP+搭載時
  • ※4 JISX7779による音響パワーレベル測定値
  • ※5 PWR-460-ACF 2台実装時
  • ※6 DC電源は将来対応予定
  • ※7 L3スイッチのため省エネ法対象外
  • * 予告なく記載されている仕様が変更になる場合があります。
  • * 機能の詳細、制限事項についてはマニュアルをご参照ください。
ページの先頭へ