第6編
AccessDefender

スタティック認証

スタティック認証クライアントとして登録されると、常にアクセスが許可されるようになります。なお、スタティック認証だけでは未認証クライアントからの通信を破棄しないため、使用する場合は他の認証機能と併用して使用してください。

注 意

スタティック認証とゲートウェイ認証は併用できません。

補 足

登録可能なスタティック認証端末数は最大64台です。

スタティック認証を有効にするインターフェースの設定には、authentication interfaceコマンドを使用します。また、スタティック認証クライアントとして登録するには、access-defender static macコマンドを使用します。

補 足

スタティック認証が有効なインターフェースにおいて、他認証で認証済み、またはDiscard登録されたクライアントを、access-defender static macコマンドで登録すると、スタティック認証クライアントとして上書きされます。

ページトップへ