第3編
インターフェース

省電力イーサネットの機能説明

省電力イーサネット(Energy Efficient Ethernet)は、IEEE 802.3azで標準化されている、消費電力を低減するための仕組みです。データを送受信していないときにLPI(Low Power Idle)モードになり、消費電力を低減させます。

注 意

NP7000およびNP5000では、省電力イーサネットは使用できません。

注 意

ApresiaNP4000-20Xt4XのSFP/SFP+ポート(ポート1/0/21~ポート1/0/24)では、省電力イーサネットは使用できません。

注 意

ApresiaNP3000-24X4Qでは、省電力イーサネットは使用できません。

注 意

ApresiaNP3000-24T8X4QのSFP/SFP+ポート(ポート1/0/25~ポート1/0/32)、およびSFP/SFP+/SFP28ポート(ポート1/0/33~ポート1/0/36)では、省電力イーサネットは使用できません。

注 意

ApresiaNP2100-24T4X、ApresiaNP2100-24T4X-PoE、ApresiaNP2000-24T4X、およびApresiaNP2000-24T4X-PoEのSFP/SFP+ポート(ポート1/0/25~ポート1/0/28)では、省電力イーサネットは使用できません。

注 意

ApresiaNP2100-48T4X、ApresiaNP2100-48T4X-PoE、ApresiaNP2000-48T4X、およびApresiaNP2000-48T4X-PoEのSFP/SFP+ポート(ポート1/0/49~ポート1/0/52)では、省電力イーサネットは使用できません。

注 意

ApresiaNP2500-8MT4X-PoEのSFP/SFP+ポート(ポート1/0/9~ポート1/0/12)では、省電力イーサネットは使用できません。

注 意

ApresiaNP2500-16MT4X-PoEのSFP/SFP+ポート(ポート1/0/17~ポート1/0/20)では、省電力イーサネットは使用できません。

省電力イーサネットを有効に設定するには、eeeコマンドを使用します。

ページトップへ