第4編
レイヤー2

IGMPスヌーピング/MLDスヌーピングの状態確認

IGMPスヌーピング/MLDスヌーピングの状態を表示して確認する方法を説明します。

IGMPスヌーピングの設定情報の表示

show ip igmp snoopingコマンドでIGMPスヌーピングの設定情報を確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ip igmp snooping

IGMP snooping global state       : Enabled...(1)
Dynamic mrouter aging time       : 300 seconds...(2)

VLAN #1 configuration
    IGMP snooping state              : Enabled...(3)
    Minimum version                  : v1...(4)
    Fast leave                       : Disabled (host-based)...(5)
    Report suppression               : Disabled...(6)
    Suppression time                 : 10 seconds...(7)
    Querier state                    : Disabled...(8)
    Query version                    : v3...(9)
    Query interval                   : 125 seconds...(10)
    Max response time                : 10 seconds...(11)
    Robustness value                 : 2...(12)
    Last member query interval       : 1 seconds...(13)
    Proxy reporting                  : Disabled (Source 0.0.0.0)...(14)
    Ignore topology change           : Disabled...(15)

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ip igmp snoopingコマンドの表示項目
項番説明
(1) IGMPスヌーピング機能のグローバル設定の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(2) 学習したマルチキャストルーターポートのエージングアウトタイムを表示します。
(3) VLANごとのIGMPスヌーピング機能の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(4) 許容するIGMPホストの最小バージョンを表示します。
v1:最小バージョンの制限なし(デフォルト設定)
v2:IGMPv1ホストの参加を制限し、IGMPv2/v3ホストのみ許可
v3:IGMPv1/v2ホストの参加を制限し、IGMPv3ホストのみ許可
(5) IGMPスヌーピングの高速離脱機能の有効/無効を表示します。group-listオプションを指定して有効にした場合は、対象のIPアクセスリスト名も表示されます。
Enabled (host-based):高速離脱が有効
Disabled (host-based):高速離脱が無効
(6) IGMPスヌーピングのレポート抑制機能の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(7) 重複したIGMPレポートまたは脱退メッセージを抑制する期間を表示します。
(8) IGMPスヌーピングのクエリア機能の有効/無効を表示します。
Enabled (Active):IGMPスヌーピングのクエリアが有効で、アクティブ状態
Enabled (Non-active):IGMPスヌーピングのクエリアが有効で、非アクティブ状態
Disabled:IGMPスヌーピングのクエリアが無効
(9) IGMPスヌーピングのクエリアで使用するIGMPのバージョンを表示します。
(10) IGMPスヌーピングのクエリアが送信する際の、クエリーの送信間隔を表示します。
(11) IGMPスヌーピングのクエリアが送信する際の、クエリーの最大応答時間(Max Response Time)を表示します。
(12) IGMPスヌーピングで使用するロバストネス変数の値を表示します。
(13) IGMPスヌーピングのクエリアが離脱メッセージを受信したときに送信する際の、クエリーの送信間隔(Last Member Query Interval)を表示します。
(14) IGMPスヌーピングのプロキシレポーティング機能の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。sourceオプションを指定して有効にした場合は、指定した送信元IPアドレスも表示されます。
(15) スパニングツリープロトコルに起因するクエリー送信禁止の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。

IGMPスヌーピングエントリーの表示

show ip igmp snooping groupsコマンドで、IGMPスヌーピングエントリーを確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ip igmp snooping groups

IGMP Snooping Connected Group Membership:
(1)      (2)              (3)              (4)  (5)       (6)
VLAN ID  Group address    Source address   FM   Exp(sec)  Interface
-------  ---------------  ---------------  --   --------  ---------
1        239.255.255.250         *         EX   382       1/0/7

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ip igmp snooping groupsコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLAN IDを表示します。
(2) グループアドレスを表示します。
(3) 送信元IPアドレスを表示します。
(4) フィルターモードを表示します。
EX:excludeモード
IN:includeモード
(5) IGMPスヌーピングエントリーが削除されるまでの残り時間を表示します。
(6) ポート番号またはポートチャネル番号を表示します。

IGMPスヌーピングのマルチキャストルーターポート情報の表示

show ip igmp snooping mrouterコマンドで、IGMPスヌーピングのマルチキャストルーターポート情報を確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ip igmp snooping mrouter
(1)    (2)
VLAN   Ports
-----  -----------------------------
1      1/0/4,  1/0/8 (static)
       1/0/10 (forbidden)
       1/0/12 (dynamic)
2      1/0/14 (static)
       1/0/15 (dynamic)

Total Entries: 2

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ip igmp snooping mrouterコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLAN IDを表示します。
(2) ポート番号またはポートチャネル番号を表示します。
(dynamic):学習したマルチキャストルーターポート
(static):スタティックに設定したマルチキャストルーターポート
(forbidden):マルチキャストルーターポートになることを禁止したポート

IGMPスヌーピング統計情報の表示

show ip igmp snooping statisticsコマンドでIGMPスヌーピング統計情報を確認できます。

VLAN 1の場合の表示例を以下に示します。

# show ip igmp snooping statistics vlan 1

VLAN 1 Statistics:...(1)
IGMPv1 Rx: Report 1, Query 0 
IGMPv2 Rx: Report 0, Query 0, Leave 0
IGMPv3 Rx: Report 0, Query 0
IGMPv1 Tx: Report 0, Query 0
IGMPv2 Tx: Report 0, Query 0, Leave 0
IGMPv3 Tx: Report 0, Query 0

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ip igmp snooping statisticsコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLANのIGMPスヌーピングの統計情報を表示します。

スタティックに設定されたIGMPスヌーピングエントリーの表示

show ip igmp snooping static-groupコマンドで、スタティックに設定されたIGMPスヌーピングエントリーを確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ip igmp snooping static-group
(1)      (2)              (3)
VLAN ID  Group address    Interface
-------  ---------------  ------------------------
1        235.1.1.0        1/0/1

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ip igmp snooping static-groupコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLAN IDを表示します。
(2) グループアドレスを表示します。
(3) ポート番号またはポートチャネル番号を表示します。

MLDスヌーピングの設定情報の表示

show ipv6 mld snoopingコマンドでMLDスヌーピングの設定情報を確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ipv6 mld snooping

MLD snooping global state: Enabled...(1)

VLAN #1 configuration
    MLD snooping state           : Enabled...(2)
    Minimum version              : v1...(3)
    Fast leave                   : Disabled (host-based)...(4)
    Report suppression           : Disabled...(5)
    Suppression time             : 10 seconds...(6)
    Proxy reporting              : Disabled (Source ::)...(7)
    Mrouter port learning        : Enabled...(8)
    Querier state                : Disabled...(9)
    Query version                : v2...(10)
    Query interval               : 125 seconds...(11)
    Max response time            : 10 seconds...(12)
    Robustness value             : 2...(13)
    Last listener query interval : 1 seconds...(14)
    Ignore topology change       : Disabled...(15)

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ipv6 mld snoopingコマンドの表示項目
項番説明
(1) MLDスヌーピング機能のグローバル設定の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(2) VLANごとのMLDスヌーピング機能の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(3) 許容するMLDホストの最小バージョンを表示します。
v1:最小バージョンの制限なし(デフォルト設定)
v2:MLDv1ホストの参加を制限し、MLDv2ホストのみ許可
(4) MLDスヌーピングの高速離脱機能の有効/無効を表示します。group-listオプションを指定して有効にした場合は、対象のIPv6アクセスリスト名も表示されます。
Enabled (host-based):高速離脱が有効
Disabled (host-based):高速離脱が無効
(5) MLDスヌーピングのレポート抑制機能の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(6) 重複したMLDレポートまたは脱退メッセージを抑制する期間を表示します。
(7) MLDスヌーピングのプロキシレポーティング機能の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。sourceオプションを指定して有効にした場合は、指定した送信元IPv6アドレスも表示されます。
(8) マルチキャストルーターポートの自動学習の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(9) MLDスヌーピングのクエリア機能の有効/無効を表示します。
Enabled (Active):MLDスヌーピングのクエリアが有効で、アクティブ状態
Enabled (Non-active):MLDスヌーピングのクエリアが有効で、非アクティブ状態
Disabled:MLDスヌーピングのクエリアが無効
(10) MLDスヌーピングのクエリアで使用するMLDのバージョンを表示します。
(11) MLDスヌーピングのクエリアが送信する際の、クエリーの送信間隔を表示します。
(12) MLDスヌーピングのクエリアが送信する際の、クエリーの最大応答時間を表示します。
(13) MLDスヌーピングで使用するロバストネス変数の値を表示します。
(14) MLDスヌーピングのクエリアが離脱メッセージを受信したときに送信する際の、クエリーの送信間隔(Last Listener Query Interval)を表示します。
(15) スパニングツリープロトコルに起因するクエリー送信禁止の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。

MLDスヌーピングエントリーの表示

show ipv6 mld snooping groupsコマンドで、MLDスヌーピングエントリーを確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ipv6 mld snooping groups

MLD Snooping Connected Group Membership:
(1)      (2)                  (3)                  (4) (5)       (6)
VLAN ID  Group address        Source address       FM  Exp(sec)  Interface
-------  -------------------  -------------------  --  --------  ---------
1        ff1e::                      *             EX  258       1/0/7
1        ff1e::3                     *             EX  258       1/0/7
1        ff1e::4              3620:110:1::3a2b     IN  258       1/0/7

Total Entries: 3

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ipv6 mld snooping groupsコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLAN IDを表示します。
(2) IPv6グループアドレスを表示します。
(3) 送信元IPv6アドレスを表示します。
(4) フィルターモードを表示します。
EX:excludeモード
IN:includeモード
(5) MLDスヌーピングエントリーが削除されるまでの残り時間を表示します。
(6) ポート番号またはポートチャネル番号を表示します。

MLDスヌーピングのマルチキャストルーターポート情報の表示

show ipv6 mld snooping mrouterコマンドで、MLDスヌーピングのマルチキャストルーターポート情報を確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ipv6 mld snooping mrouter
(1)    (2)
VLAN   Ports
-----  -----------------------------
1      1/0/4,  1/0/8 (static)
       1/0/10 (forbidden)
       1/0/12 (dynamic)
3      1/0/14 (static)
       1/0/15 (dynamic)

Total Entries: 2

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ipv6 mld snooping mrouterコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLAN IDを表示します。
(2) ポート番号またはポートチャネル番号を表示します。
(dynamic):学習したマルチキャストルーターポート
(static):スタティックに設定したマルチキャストルーターポート
(forbidden):マルチキャストルーターポートになることを禁止したポート

MLDスヌーピング統計情報の表示

show ipv6 mld snooping statisticsコマンドでMLDスヌーピング統計情報を確認できます。

VLAN 1の場合の表示例を以下に示します。

# show ipv6 mld snooping statistics vlan 1

VLAN 1 Statistics:...(1)
Rx: V1Report 3, v2Report 0, Query 3, v1Done 0 
Tx: v1Report 2, v2Report 2, Query 1, v1Done 2

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ipv6 mld snooping statisticsコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLANのMLDスヌーピングの統計情報を表示します。

スタティックに設定されたMLDスヌーピングエントリーの表示

show ipv6 mld snooping static-groupコマンドで、スタティックに設定されたMLDスヌーピングエントリーを確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ipv6 mld snooping static-group
(1)      (2)                                     (3)
VLAN ID  Group address                           Interface
-------  ---------------                         ------------------------
1        ff1e::1                                 1/0/1,1/0/5

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ipv6 mld snooping static-groupコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLAN IDを表示します。
(2) IPv6グループアドレスを表示します。
(3) ポート番号またはポートチャネル番号を表示します。

ページトップへ