第5編
レイヤー3

ARP/NDPの状態確認

ARP/NDPの状態を表示して確認する方法を説明します。

ARPテーブルの表示

show arpコマンドでARPテーブルの内容を確認できます。

注 意

ARP-TYPEパラメーターにstaticを指定した場合、未使用のスタティックエントリーも表示されます。未使用のスタティックエントリーは、IPv4インターフェースが表示されません。

表示例を以下に示します。

# show arp

S - Static Entry...(1)
(2)                (3)                (4)            (5)
IP Address         Hardware Addr      IP Interface   Age (min)
-----------------  -----------------  -------------  ---------------
  10.108.42.1      00-40-66-A8-CA-37  vlan100        forever
S 10.108.42.112    00-00-A7-10-4B-AF  vlan100        forever

Total Entries: 2

各項目の説明は、以下のとおりです。

show arpコマンドの表示項目
項番説明
(1) 表示されているエントリーの種類を表示します。
S – Static Entry:スタティックエントリー
(2) IPv4アドレスを表示します。
(3) MACアドレスを表示します。
(4) エントリーを学習したIPv4インターフェースを表示します。
(5) ARPエージングタイムの設定値を表示します。自装置のエントリーまたはスタティックエントリーの場合はforeverと表示されます。マネージメントポートで学習したダイナミックエントリーの場合は0と表示されます。

ARPキャッシュテーブルの表示

show arp cacheコマンドで、ARPキャッシュテーブルの内容を確認できます。ARPキャッシュテーブルでは、エントリーを学習した物理インターフェース情報も表示されます。

表示例を以下に示します。

# show arp cache
(1)              (2)   (3)                (4)            (5)
IP Address       VID   Hardware Addr      Interface      Age
---------------  ----  -----------------  -------------  --------
192.168.20.15      20  00-00-00-F6-5C-0F  C/5            240
192.168.20.100     20  00-00-00-F6-5C-0D  1/0/1          240
192.168.20.200     20  00-00-00-F6-5C-0E  1/0/3          240
192.168.20.254     20  00-40-66-B4-93-B0  CPU            forever

Total Entries: 4

各項目の説明は、以下のとおりです。

show arp cacheコマンドの表示項目
項番説明
(1) IPv4アドレスを表示します。
(2) VLAN IDを表示します。
(3) MACアドレスを表示します。
(4) エントリーを学習したインターフェースID(物理ポート、ポートチャネル)を表示します。自装置のエントリーの場合はCPUと表示されます。
(5) ARPエージングタイムの設定値を表示します。自装置のエントリーまたはスタティックエントリーの場合はforeverと表示されます。

ARPエージングタイムの表示

show arp timeoutコマンドで、ARPエージングタイムを確認できます。

表示例を以下に示します。

# show arp timeout

(1)          (2)
Interface    Timeout (minutes)
------------ -----------------
vlan100      30
vlan200      40
------------ -----------------
Total Entries: 2

各項目の説明は、以下のとおりです。

show arp timeoutコマンドの表示項目
項番説明
(1) VLANインターフェースを表示します。
(2) ARPエージングタイムの設定値を表示します。

IPv6ネイバーテーブルの表示

show ipv6 neighborsコマンドでIPv6ネイバーテーブルの内容を確認できます。

表示例を以下に示します。

# show ipv6 neighbors
(1)                                     (2)               (3)       (4)  (5)
IPv6 Address                            Link-Layer Addr   Interface Type State
--------------------------------------- ----------------- --------- ---- -----
2001:db8:11:0:a:a:a:a                   00-00-11-11-22-22 vlan11    D    REACH
fe80::200:11ff:fe11:2222                00-00-11-11-22-22 vlan11    D    REACH
2001:db8:12:0:aaaa:bbbb:cccc:dddd       00-03-33-34-44-44 vlan12    D    REACH
fe80::203:33ff:fe34:4444                00-03-33-34-44-44 vlan12    D    REACH

Total Entries: 4

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ipv6 neighborsコマンドの表示項目
項番説明
(1) IPv6アドレスを表示します。
(2) MACアドレスを表示します。
(3) エントリーを学習したIPv6インターフェースを表示します。
(4) エントリーの種類を表示します。
D:ダイナミックエントリー
S:スタティックエントリー
(5) エントリーの状態を表示します。

IPv6ネイバーキャッシュテーブルの表示

show ipv6 neighbors cacheコマンドでIPv6ネイバーキャッシュテーブルの内容を確認できます。IPv6ネイバーキャッシュテーブルでは、エントリーを学習した物理インターフェース情報も表示されます。

表示例を以下に示します。

# show ipv6 neighbors cache
(1)                                     (2)  (3)               (4)     (5)
IPv6 Address                            VID  Link-Layer Addr   I/F     State
--------------------------------------- ---- ----------------- ------- -----
2001:db8:11:0:a:a:a:a                     11 00-00-11-11-22-22 1/0/1   REACH
2001:db8:12:0:aaaa:bbbb:cccc:dddd         12 00-03-33-34-44-44 C/5     REACH
2001:db8:11:0:1:2:3:4                     11 00-40-66-A8-CC-36 CPU
2001:db8:12::1                            12 00-40-66-A8-CC-36 CPU

Total Entries: 4

各項目の説明は、以下のとおりです。

show ipv6 neighbors cacheコマンドの表示項目
項番説明
(1) IPv6アドレスを表示します。
(2) VLAN IDを表示します。
(3) MACアドレスを表示します。
(4) エントリーを学習したインターフェースID(物理ポート、ポートチャネル)を表示します。自装置のエントリーの場合はCPUと表示されます。
(5) エントリーの状態を表示します。

ページトップへ