第2編
管理運用

SNMPの状態確認

SNMPの状態を表示して確認する方法を説明します。

SNMPエージェントのグローバル設定およびSNMPトラップ設定の表示

SNMPエージェントのグローバル設定およびSNMPトラップ設定を確認できます。

SNMPエージェントのグローバル設定の表示

show snmp-serverコマンドで、SNMPエージェントのグローバル設定を確認できます。

SNMPエージェントのグローバル設定を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp-server

SNMP Server  : Enabled ...(1)
Name         : SiteA-Switch ...(2)
Location     : HQ 15F ...(3)
Contact      : MIS Department II ...(4)
SNMP UDP Port: 161 ...(5)
SNMP Response Broadcast Request: Enabled ...(6)

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp-serverコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPエージェントが有効(Enabled)なことを示します。
(2) システム名(sysName)を表示します。
(3) システムロケーション(sysLocation)を表示します。
(4) システムコンタクト(sysContact)を表示します。
(5) SNMPで使用するUDPポート番号を表示します。
(6) ブロードキャストアドレス宛てのSNMP GetRequestに対する応答設定の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
SNMPトラップ設定の表示

show snmp-server trapsコマンドで、SNMPトラップ関連の設定を確認できます。

参 照

show snmp-server trapsコマンドの表示は機種やバージョンによって異なるため、詳細については、『コマンドリファレンス』を参照してください。

補 足

show snmp-server trapsコマンドで表示されない有効/無効設定は、構成情報を直接確認してください。

NP5000の1.09.01で、SNMPトラップ関連の設定を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp-server traps

Global Trap State : Enabled ...(1)
Individual Trap State:
  STACK
    Stack                    : Disabled ...(2)
  Environment
    Fan                      : Disabled ...(3)
    Power                    : Disabled ...(4)
    Temperature              : Disabled ...(5)
    Memory                   : Enabled ...(6)
    Health-status            : Enabled ...(7)
  SYSTEM
    CPU-Protect              : Disabled ...(8)
  MEAR
    Memory-error             : Enabled ...(9)
  STORM
    Storm-control            : Disabled ...(10)
  PORT
    SFP                      : Disabled ...(11)
    Link-Flap-Prevention     : Enabled ...(12)
  STP
    New-root                 : Disabled ...(13)
    Topology-change          : Disabled ...(14)
  LOOP-DETECT
    Loop-detection           : Enabled ...(15)
  SNMP
    Authentication           : Disabled ...(16)
    Linkup                   : Disabled ...(17)
    Linkdown                 : Disabled ...(18)
    Coldstart                : Disabled ...(19)
    Warmstart                : Disabled ...(20)
  CFM
    CFM                      : Enabled ...(21)
  LLDP
    LLDP                     : Disabled ...(22)
    LLDP-MED                 : Disabled ...(23)
  RMON
    Rising-alarm             : Disabled ...(24)
    Falling-alarm            : Disabled ...(25)
  BGP
    Established              : Disabled ...(26)
    Backward-trans           : Disabled ...(27)
  VRRP
    Auth-fail                : Disabled ...(28)
    New-master               : Disabled ...(29)
  MMRP
    MMRP-Plus                : Enabled ...(30)

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp-server trapsコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPトラップのグローバル設定の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(2) スタック機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(3) ファン関連のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(4) 電源関連のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(5) 温度関連のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(6) システムメモリー使用率監視機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(7) 装置のシステム状態関連のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(8) CPU使用率監視機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(9) メモリーエラー自動復旧機能に関連する通知(ログ、SNMPトラップ)の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。設定コマンドは、memory-error auto-recovery notify disableコマンドです。
(10) ストームコントロール機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(11) 光トランシーバー関連のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(12) リンクフラップ防止機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(13) スパニングツリープロトコル機能の、新ルートブリッジSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(14) スパニングツリープロトコル機能の、トポロジー変更SNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(15) ループ検知機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(16) SNMP認証失敗SNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(17) リンクアップSNMPトラップのグローバル設定の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(18) リンクダウンSNMPトラップのグローバル設定の有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(19) コールドスタートSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(20) ウォームスタートSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(21) CFM機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(22) LLDP機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(23) LLDP-MED機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(24) RMON機能の、上限値超過SNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(25) RMON機能の、下限値超過SNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(26) 現状、BGP機能は未サポートです。
(27) 現状、BGP機能は未サポートです。
(28) VRRPv2機能の認証失敗トラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(29) VRRPv2機能のマスター変更トラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。
(30) MMRP-Plus機能のSNMPトラップの有効(Enabled)/無効(Disabled)を表示します。

自装置のSNMPトラップの送信可能ポートまたは送信禁止ポートの表示

show snmp-server trap-sendingコマンドで、自装置のSNMPトラップの送信可能ポートまたは送信禁止ポートを確認できます。

ポート1/0/1からポート1/0/9までの、自装置のSNMPトラップの送信可能ポートまたは送信禁止ポートを確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp-server trap-sending interface port 1/0/1-1/0/9
(1)                 (2)
Port                Trap Sending
-------------       -------------
Port1/0/1           Enabled
Port1/0/2           Enabled
Port1/0/3           Enabled
Port1/0/4           Disabled
Port1/0/5           Enabled
Port1/0/6           Disabled
Port1/0/7           Enabled
Port1/0/8           Enabled
Port1/0/9           Enabled

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp-server trap-sendingコマンドの表示項目
項番説明
(1) ポート番号を表示します。
(2) 自装置のSNMPトラップの送信可否を表示します。
Enabled:送信可能ポート
Disabled:送信禁止ポート

ポートのリンクアップ通知またはリンクダウン通知設定の表示

show snmp trap link-statusコマンドで、ポートのリンクアップ通知およびリンクダウン通知の有効/無効を確認できます。

ポート1/0/1からポート1/0/9の、リンクアップ通知およびリンクダウン通知の有効/無効を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp trap link-status interface port 1/0/1-1/0/9
(1)                 (2)
Port                Trap state
-------------       -------------
Port1/0/1           Enabled
Port1/0/2           Enabled
Port1/0/3           Enabled
Port1/0/4           Enabled
Port1/0/5           Enabled
Port1/0/6           Enabled
Port1/0/7           Enabled
Port1/0/8           Enabled
Port1/0/9           Enabled

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp trap link-statusコマンドの表示項目
項番説明
(1) ポート番号を表示します。
(2) リンクアップ通知およびリンクダウン通知の有効/無効を表示します。
Enabled:有効(リンクアップ通知およびリンクダウン通知可能)
Disabled:無効(リンクアップ通知およびリンクダウン通知不可)

SNMP設定の表示

SNMP設定を確認できます。

SNMPコミュニティー設定の表示

show snmp communityコマンドで、SNMPコミュニティーの設定を確認できます。

SNMPコミュニティーの設定を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp community

Community : public ...(1)
 Access : read-only ...(2)
 View : CommunityView ...(3)

Community : private
 Access : read-write
 View : CommunityView

Total Entries: 2

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp communityコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPコミュニティー名を表示します。
(2) MIBへのアクセス権を表示します。
(3) SNMPビュー名を表示します。
SNMPトラップの宛先ホスト設定の表示

show snmp hostコマンドで、SNMPトラップの宛先ホスト設定を確認できます。

SNMPトラップの宛先ホスト設定を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp host

Host IP Address  : 192.0.2.100 ...(1)
SNMP Version     : V1 ...(2)
Community Name   : public ...(3)
UDP Port         : 50001 ...(4)

Host IP Address  : 10.10.10.1
SNMP Version     : V3 noauthnopriv
SNMPv3 User Name : user1 ...(5)
UDP Port         : 50001

Host IPv6 Address: 2001:db8::100 ...(6)
SNMP Version     : V3 noauthnopriv
SNMPv3 User Name : user2
UDP Port         : 162

Total Entries: 3

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp hostコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPトラップの宛先ホストのIPv4アドレスを表示します。
(2) SNMPトラップの送信に使用するSNMPのバージョンを表示します。
V1:SNMPv1
V2C:SNMPv2c
V3 noauthnopriv:SNMPv3(認証なし、暗号化なし)
V3 authnopriv:SNMPv3(認証あり、暗号化なし)
V3 authpriv:SNMPv3(認証あり、暗号化あり)
(3) SNMPトラップで通知するSNMPコミュニティー名を表示します。
(4) UDPポート番号を表示します。
(5) SNMPトラップで通知するSNMPユーザー名を表示します。
(6) SNMPトラップの宛先ホストのIPv6アドレスを表示します。
SNMPビュー設定の表示

show snmp viewコマンドで、SNMPビュー設定を確認できます。

SNMPビュー設定を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp view
(1)        (2)       (3)
restricted(included) 1.3.6.1.2.1.1
restricted(included) 1.3.6.1.2.1.11
restricted(included) 1.3.6.1.6.3.10.2.1
restricted(included) 1.3.6.1.6.3.11.2.1
restricted(included) 1.3.6.1.6.3.15.1.1
CommunityView(included) 1
CommunityView(excluded) 1.3.6.1.6.3
CommunityView(included) 1.3.6.1.6.3.1

Total Entries: 8

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp viewコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPビュー名を表示します。
(2) OIDツリーをSNMPビューに含めるか除外するかを表示します。
included:OIDツリーをSNMPビューに含める
excluded:OIDツリーをSNMPビューから除外する
(3) OIDツリーの頂点のオブジェクト識別子を表示します。
SNMPグループ設定の表示

show snmp groupコマンドで、SNMPグループ設定を確認できます。

SNMPグループ設定を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp group

GroupName: public ...(1)
SecurityModel: v1 ...(2)
  ReadView     : CommunityView ...(3)           WriteView    : ...(4)
  NotifyView   : CommunityView ...(5)
  IP access control list: ...(6)

GroupName: public
SecurityModel: v2c
  ReadView     : CommunityView                  WriteView    :
  NotifyView   : CommunityView
  IP access control list:

GroupName: initial
SecurityModel: v3/noauth
  ReadView     : restricted                     WriteView    :
  NotifyView   : restricted
  IP access control list:

GroupName: private
SecurityModel: v1
  ReadView     : CommunityView                  WriteView    : CommunityView
  NotifyView   : CommunityView
  IP access control list:

GroupName: private
SecurityModel: v2c
  ReadView     : CommunityView                  WriteView    : CommunityView
  NotifyView   : CommunityView
  IP access control list:

Total Entries: 5

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp groupコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPグループ名を表示します。
(2) セキュリティーモデルを表示します。
v1:SNMPv1
v2c:SNMPv2c
v3/noauth:SNMPv3(認証なし、暗号化なし)
v3/auth:SNMPv3(認証あり、暗号化なし)
v3/priv:SNMPv3(認証あり、暗号化あり)
(3) グループのユーザーに読み取りを許可するSNMPビュー(read-view)を表示します。
(4) グループのユーザーに書き込みを許可するSNMPビュー(write-view)を表示します。
(5) グループのユーザーにSNMPトラップの送信を許可するSNMPビュー(notify-view)を表示します。
(6) グループと関連付ける標準IPアクセスリストを表示します。
SNMPエンジンIDの表示

show snmp engineIDコマンドで、SNMPエンジンIDを確認できます。

SNMPエンジンIDを確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp engineID

Local SNMP engineID: 800001160300406670450000 ...(1)

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp engineIDコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPエンジンIDを表示します。

SNMPユーザー情報の表示

show snmp userコマンドで、SNMPユーザー情報を確認できます。

すべてのSNMPユーザー情報を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp user

User Name: initial ...(1)
  Security Model: 3 ...(2)
  Group Name: initial ...(3)
  Authentication Protocol: None ...(4)
  Privacy Protocol: None ...(5)
  Engine ID: 8000011603004066a8cc3600 ...(6)
  IP access control list: ...(7)

Total Entries: 1

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp userコマンドの表示項目
項番説明
(1) SNMPユーザー名を表示します。
(2) セキュリティーモデルを表示します。
3:SNMPv3
(3) SNMPユーザーが所属するSNMPグループ名を表示します。
(4) SNMPユーザーの認証方式を表示します。
None:なし
md5:HMAC-MD5-96認証
sha:HMAC-SHA-96認証
(5) パケットの暗号化方式を表示します。
None:なし
DES:Data Encryption Standard
(6) SNMPエンジンIDを表示します。
(7) SNMPユーザーと関連付ける標準IPアクセスリストを表示します。

SNMPコンテキストマッピングテーブル情報の表示

show snmp context-mapコマンドで、SNMPコンテキストマッピングテーブル情報を確認できます。

注 意

NP4000、NP2100、NP2000、およびNP2500では、SNMPコンテキストマッピングテーブルを使用できません。

SNMPコンテキストマッピングテーブル情報を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show snmp context-map

SNMP Context Mapping Table:

Context Name : snmp-context ...(1)
Instance ID : 1 ...(2)

各項目の説明は、以下のとおりです。

show snmp context-mapコマンドの表示項目
項番説明
(1) ビューベースアクセス制御モデル(VACM)コンテキスト名を表示します。
(2) OSPFのインスタンスIDを表示します。

ページトップへ