APRESIAがいま開く、ローカル5Gの扉 ローカル5Gから始まる、プライベート・イノベーション

APRESIA Systemsの取り組み

ローカル5Gは今まで通信事業者に利用が限定されていた高スペックのモバイルシステムを一般企業や自治体が自ら利用できる夢のような仕組みです。その一方で、 5G向け製品は通信事業者向けの高スペック、高価格な製品のみ現在は存在しておりローカル5Gに適した製品は未だ出てきておりません。そこでAPRESIAでは他社に先駆けてローカル5G市場に最適な製品を開発することになりました。

APRESIA Systemsのローカル5G製品コンセプト

コンセプト 概要 特長
最適化 通信事業者向けの製品の仕様からスペックダウンを図り、ローカル5Gに必要な機能に絞ることで、最適な性能、価格を実現 低価格化
オープン 3GPPやO-RANなどオープンな仕様に準拠することで他社の装置との相互接続を実現 柔軟性・自由度の向上
品質 今まで培ってきた日本国内向けのモノづくりをベースに信頼の高い製品を実現 高品質
5Gの特徴、超高速/大容量・超低遅延・多数同時接続

APRESIA Systemsのローカル5G製品イメージ

  • ローカル5Gに必要な各機能コンポーネントを全て自社製品でご提供致します。
  • 展開方式:SA方式、周波数:4.6GHz帯、運用形態は自営型・サービス型の両方に対応可能
APRESIA Systemsのローカル5G製品イメージ
機能部 機能概要 ご提供形態
5GC 5G Core 5Gのコアネットワーク。インターネットなどの他のネットワークとの接続やユーザー管理などを行う。 ソフトウェア
(ご要望に応じてハードウェア込みでご提供)
DU
CU
Distributed Unit
Central Unit
無線基地局におけるベースバンド処理を行う機能部。
ベースバンド信号の生成や変復調処理を行う。
DU:ソフトウェア+ハードウェア
CU:ソフトウェア
(ご要望に応じてハードウェア込みでご提供)
RU Radio Unit ユーザー機器(UE)とネットワークとの間の無線通信を行う。 ソフトウェア+ハードウェア
UE User Equipment 無線通信を行うユーザー側の端末。スマートフォンなどの携帯端末やCPEのような据置型端末などが存在する。 ソフトウェア+ハードウェア

APRESIAはお客様のベストパートナーとして、ローカル5Gに最適な製品を開発してまいります。
構成やコストのご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

ローカル5Gを導入するための準備や免許申請なら、APRESIA Systemsにお任せください。