第4編
レイヤー2

ストームコントロールの状態確認

ストームコントロールの状態を表示して確認する方法を説明します。

ストームコントロールの状態の表示

show storm-controlコマンドで、ストームコントロールの状態を確認できます。

ブロードキャストストームに対するストームコントロールの状態の表示

show storm-control broadcastコマンドで、ブロードキャストに対するストームコントロールの状態を確認できます。

ポート1/0/1からポート1/0/6のブロードキャストに対するストームコントロールの状態を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show storm-control interface range port 1/0/1-1/0/6 broadcast
 (1)         (2)      (3)                   (4)          (5)
 Interface   Action   Threshold             Current      State
 ----------------------------------------------------------------------
 Port1/0/1    Drop     500/300 pps           200 pps      Forwarding
 Port1/0/2    Drop     80/64 %               20 %         Forwarding
 Port1/0/3    Drop     80/64 %               70 %         Dropped
 Port1/0/4    Shutdown 500/300 pps           200 pps      Forwarding
 Port1/0/5    None     60000/50000 kbps      2000 kbps    Forwarding
 Port1/0/6    None      -                     -           Inactive

Total Entries: 6

各項目の説明は、以下のとおりです。

show storm-control broadcastコマンドの表示項目
項番説明
(1) ポート番号を表示します。
(2) アクションを表示します。
Shutdown:ポートをシャットダウン(err-disabled状態に変更)する
Drop:上限値を超えるパケットを破棄する
None:処理しない
(3) しきい値の上限値/下限値、および単位を表示します。単位は以下を意味します。
pps:packets per second、1秒あたりの受信パケット数
kbps:kilobit per second、1秒あたりの受信キロビット数
%:ポートの総帯域幅に対する、受信トラフィックのパーセンテージ
(4) 現在の値を表示します。
(5) アクションの状況を表示します。
Forwarding:転送(受信量に問題がないためストームコントロールが実行されていない)
Dropped:上限値を超えるパケットを破棄
Link Down:物理的なリンクダウン
Error Disabled:ストームコントロールによるシャットダウン(err-disabled状態)
Inactive:ストームコントロール無効
すべてのストームコントロールの状態の表示

ポート1/0/1からポート1/0/2のすべてのストームコントロールの状態を確認する場合の表示例を以下に示します。

# show storm-control interface range port 1/0/1-2
 (1)                                 (2)
 Polling Interval  : 5 sec           Shutdown Retries   : 3 times
 (3)        (4)       (5)      (6)                   (7)          (8)
 Interface  Storm     Action   Threshold             Current      State
 -------------------------------------------------------------------------------
 Port1/0/1  Broadcast Drop     80/64 %               50%          Forwarding
 Port1/0/1  Multicast Drop     80/64 %               50%          Forwarding
 Port1/0/1  Unicast   Drop     80/64 %               50%          Forwarding
 Port1/0/2  Broadcast Shutdown 500/300 pps           -            Error Disabled
 Port1/0/2  Multicast Shutdown 500/300 pps           -            Error Disabled
 Port1/0/2  Unicast   Shutdown 500/300 pps           -            Error Disabled

 Total Entries: 6

各項目の説明は、以下のとおりです。

show storm-controlコマンドの表示項目
項番説明
(1) ポーリング間隔を表示します。
(2) シャットダウン(err-disabled状態に変更)するまでのリトライ回数を表示します。
(3) ポート番号を表示します。
(4) 監視するトラフィックの種類を表示します。
(5) アクションを表示します。
Shutdown:ポートをシャットダウン(err-disabled状態に変更)する
Drop:上限値を超えるパケットを破棄する
None:処理しない
(6) しきい値の上限値/下限値、および単位を表示します。単位は以下を意味します。
pps:packets per second、1秒あたりの受信パケット数
kbps:kilobit per second、1秒あたりの受信キロビット数
%:ポートの総帯域幅に対する、受信トラフィックのパーセンテージ
(7) 現在の値を表示します。
(8) アクションの状況を表示します。
Forwarding:転送(受信量に問題がないためストームコントロールが実行されていない)
Dropped:上限値を超えるパケットを破棄
Link Down:物理的なリンクダウン
Error Disabled:ストームコントロールによるシャットダウン(err-disabled状態)
Inactive:ストームコントロール無効
注 意

ユニキャストのストームコントロールでは、Unknwonユニキャストと宛先学習済みユニキャストの両方がCurrent項目でカウントされます。アクションがdrop設定の場合、State項目はCurrent項目が上限値を超えるとDroppedと表示されるため、実際にはUnknwonユニキャストが上限値に達しておらず破棄されていなくても、State項目がDroppedと表示されることがあります。

ポートチャネルでのストームコントロールの状態の表示

ポートチャネル25(メンバーポートはポート1/0/1とポート1/0/2)でのストームコントロールの状態を確認する場合の表示例を以下に示します。

補 足

ポートチャネルでのストームコントロールは、NP7000の1.03.03以降、NP5000の1.03.03以降、NP4000の1.03.01以降、NP3000の1.06.01以降、NP2100の1.09.02以降、NP2000の1.09.01以降、およびNP2500の1.10.01以降でサポートしています。

# show storm-control interface port-channel 25
 (1)                                 (2)
 Polling Interval  : 5 sec           Shutdown Retries   : 3 times
 (3)        (4)       (5)      (6)                   (7)          (8)
 Interface  Storm     Action   Threshold             Current      State
 -------------------------------------------------------------------------------
 Group-25   Broadcast Drop     1000/800 pps          -            -
 Group-25   Multicast Drop     2000/1600 pps         -            -
 Group-25   Unicast   Drop     -                     -            -
 -------------------------------------------------------------------------------
 Port1/0/1  Broadcast Drop     1000/800 pps          0 pps        Forwarding
 Port1/0/1  Multicast Drop     2000/1600 pps         0 pps        Forwarding
 Port1/0/1  Unicast   Drop     -                     -            Inactive
 Port1/0/2  Broadcast Drop     1000/800 pps          0 pps        Forwarding
 Port1/0/2  Multicast Drop     2000/1600 pps         0 pps        Forwarding
 Port1/0/2  Unicast   Drop     -                     -            Inactive

 Total Entries: 6

各項目の説明は、以下のとおりです。

ポートチャネル指定のshow storm-controlコマンドの表示項目
項番説明
(1) ポーリング間隔を表示します。
(2) シャットダウン(err-disabled状態に変更)するまでのリトライ回数を表示します。
(3) 上段には指定したポートチャネル番号を、下段にはそのポートチャネルのメンバーポートを表示します。
(4) 監視するトラフィックの種類を表示します。
(5) アクションを表示します。
Shutdown:ポートをシャットダウン(err-disabled状態に変更)する
Drop:上限値を超えるパケットを破棄する
None:処理しない
(6) しきい値の上限値/下限値、および単位を表示します。単位は以下を意味します。
pps:packets per second、1秒あたりの受信パケット数
kbps:kilobit per second、1秒あたりの受信キロビット数
%:ポートの総帯域幅に対する、受信トラフィックのパーセンテージ
(7) 現在の値を表示します。
(8) アクションの状況を表示します。
Forwarding:転送(受信量に問題がないためストームコントロールが実行されていない)
Dropped:上限値を超えるパケットを破棄
Link Down:物理的なリンクダウン
Error Disabled:ストームコントロールによるシャットダウン(err-disabled状態)
Inactive:ストームコントロール無効
注 意

ユニキャストのストームコントロールでは、Unknwonユニキャストと宛先学習済みユニキャストの両方がCurrent項目でカウントされます。アクションがdrop設定の場合、State項目はCurrent項目が上限値を超えるとDroppedと表示されるため、実際にはUnknwonユニキャストが上限値に達しておらず破棄されていなくても、State項目がDroppedと表示されることがあります。

自動復旧設定の表示

show errdisable recoveryコマンドで、自動復旧設定を確認できます。

表示例を以下に示します。

# show errdisable recovery
(1)                                     (2)           (3)
ErrDisable Cause                        State         Interval
-------------------------------------   -----------   -------------
Storm Control                           enabled       120 seconds
Loop Detection                          disabled      300 seconds
ULD                                     disabled      300 seconds

Interfaces that will be recovered at the next timeout:
(4)          (1)                                     (5)
Interface    Errdisable Cause                        Time left(sec)
---------    -------------------------------------   --------------
Port1/0/2    Storm Control                           104

各項目の説明は、以下のとおりです。

show errdisable recoveryコマンドの表示項目
項番説明
(1) ポートをerr-disabled状態にする要因となった機能を表示します。
Loop Detection:ループ検知機能
Storm Control:ストームコントロール機能
ULD:単方向リンク検出機能
(2) 自動復旧設定の有効(enabled)/無効(disabled)を表示します。
(3) ポートが自動的に復旧されるまでの時間設定を表示します。
(4) err-disabled状態になっているポート番号を表示します。
(5) err-disabled状態になっているポートが復旧されるまでの残り時間を表示します。

ページトップへ