第4編
レイヤー2

レイヤー2基本機能

イーサネットでのレイヤー2スイッチとしての基本機能、MACアドレス学習、およびジャンボフレームの機能、状態の確認方法、および構成例と設定例について説明します。

参 照

コマンドの詳細については、『コマンドリファレンス』を参照してください。

レイヤー2基本機能の機能説明
MACアドレステーブルの更新
物理ポートでのMACアドレス学習の有効化
スタティックMACアドレスの追加
MACアドレステーブルのエージングタイムの変更
ダイナミックMACアドレスの削除
インターフェースへの説明の追加
ポートのカウンターのクリア
インターフェースの無効化
レイヤー2 VLANインターフェース
ジャンボフレームの変更
管理用IPアドレスの設定
レイヤー2基本機能の状態確認
ポートの統計情報の表示
インターフェースの情報の表示
インターフェースのカウンターの表示
インターフェースのエラーカウンターの表示
マネージメントポートのエラーカウンターの表示
ポートの接続状態の表示
ポートの使用率の表示
トランシーバーの情報の表示
インターフェースの説明とリンク状態の表示
オートネゴシエーション情報の表示
MACアドレステーブルの表示
MACアドレステーブルのスタティックエントリーの表示
特定VLANのMACアドレステーブルの表示
MACアドレステーブルのエージングタイムの表示
MACアドレス学習状態の表示
レイヤー2基本機能の構成例と設定例

ページトップへ