ページの本文へ

ニュースリリース

2018年7月20日
APRESIA Systems株式会社

10GBASE-Tに対応したスイッチングハブを新たに販売開始
-ApresiaNPシリーズに企業LAN・データセンター向けラインアップを強化-

APRESIA Systems株式会社(以下、「APRESIA Systems」)はこのたび、企業LAN・データセンター向けイーサネットスイッチApresiaNPシリーズの新製品として、ApresiaNP4000-20Xt4Xを日本国内にて販売開始いたします。ApresiaNP4000-20Xt4Xは、APRESIA Systemsとして初の10GBASE-Tインターフェースを備えたイーサネットスイッチとなります。

近年では、多人数のオフィスLAN環境での10Gネットワークの導入や、サーバー・ストレージの処理性能向上により近距離で接続するネットワークにおいても広帯域化が求められています。多人数のオフィスLAN環境におけるフロアスイッチとして、または、データセンター環境における高スループットと高可用性のシステムを実現するためサーバー集約スイッチとして、ループ検知機能、スタック機能、リング冗長機能(MMRP-Plus、G.8032[ERPS])などの機能を実装しています。

さらに、日本発のベンダーとして、最長10年の長期サポートサービスも対応しており、安心して長期間ご使用いただくことが可能です。また、すでに販売を開始しているApresiaNPシリーズと組み合わせることにより、設計から構築、運用管理を効率よく進めることも可能になります。

これからもAPRESIA Systemsではお客様の様々なニーズに応えてまいります。

製品写真

耐環境性能を備えたファンレス小型10GbE対応スイッチ ApresiaNP4000-20Xt4X
ApresiaNP4000-20Xt4X

主な仕様

モデル名 ApresiaNP4000-20Xt4X
Interface 100BASE-TX / 1000BASE-T / 10GBASE-T × 20
1000BASE-X / 10GBASE-R × 最大 4
電源対応 単電源構造、AC電源対応
100-120 / 200-240VAC (50 / 60Hz)
消費電力
(AC100V 時)
最大 172W / 典型値 108W
外形寸法 441(W) × 368(D) × 44(H) mm
動作温度 0~+50 ℃
希望小売価格 \1,300,000 (税別)

(仕様は本件掲載時点のものであり、予告なく変更になる場合があります。)

  • * APRESIA、MMRPは、APRESIA Systems株式会社の登録商標です。
  • * イーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
  • * 掲載されている製品は、改良などのため予告なしに内容を変更することがあります。

APRESIA Systems 株式会社について

APRESIA Systems株式会社は、意思決定の迅速化と情報システム事業のさらなる成長を目指して、日立金属株式会社の情報システム事業部門が2016年に独立し設立された株式会社です。日立グループで長年培った技術をさらに磨き、情報システム専業会社として、通信インフラの高度化への対応等、お客様をはじめとするステークホルダーの皆様のご期待に応えることを目指しています。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

■報道関係のお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
広報担当:中筋
Tel: 03-6369-0391
■製品・サービスに関するお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
ビジネス開発部:中林・岸本
Tel: 03-6369-0401
ページの先頭へ