ホワイトボックススイッチ

APRESIA Systems x Open Networking

Open Networkingとは?

「装置本体(ホワイトボックススイッチ)」「ネットワークOS」「オプション品」等を自由に組み合わせて一つのスイッチをつくる、ユーザー主導の新しい考え方。ハードウェアとソフトウェアを選択できることで、より専門的で、より自由な組み合わせが、ネットワークの可能性を広げます。

ホワイトボックススイッチ

装置本体は「ホワイトボックス」と呼ばれ、複数の選択肢から購入可能。

ネットワークOS

ネットワークOSは専門メーカー品を購入。各社特定市場に特化した作りこみを実装している。

自動化ツール

BGPベースのレイヤ3 Leaf-Spineファブリック管理をするなら自律型ネットワーク運用オーケストレーションシステムApstra AOS

保守サービス

APRESIA Systemsだからできる3つのサポート。世界の最新技術を国内のユーザー様へ。

世界で広がるOpen Networkingの採用

私たちが普段使っているクラウドサービスや、海外の大きなデータセンターでは、Open Networking製品の採用が驚くほど進んでいる。従来の垂直統合型のスイッチではできない使い方や、本質的なコスト低減への取り組みを、ユーザー主導で実現するための手助けを、Open Networkingという考え方は強烈に後押しする。少し手間はかかるかもしれない、それでも、検討する価値が、Open Networkingという考え方にはあるのだ。

Open Networking が提供する4つの自由

ネットワークOSを選択できる自由

  • 従来型のネットワークスイッチ機能専用OSから、LinuxベースのOSなど選択肢は様々
  • 複数のネットワークOSから、用途に合わせて選択し、またいつでも付け替えが可能
  • 保守部材も本体さえ交換すれば、ネットワークOSの付け替えが可能

オープンソースを活用できる自由

  • 特定のネットワークOSでは、スイッチ上で動作するLinuxディストリビューションを実装
  • Linuxの利便性を最大限活用できるこのOSでは、ネットワークの専門知識は最低限で済む
  • Linux準拠のOSSツールや、オートメーションツールもそのまま活用できる

コストに応じた組み合わせの自由

  • Open Networkingでは、いわゆる「Vender Lock-In」の仕組みを採用していない
  • 規格に準拠したものであれば、純正品以外のSFPも搭載可能
  • コスト低減を、複数の選択肢からユーザー主導で実現するための大切な考え方

やりたいことを自ら実現できる自由

  • Edgecore社の提供するプログラマブルモデルでは、データプレーンのプログラミング迄作りこみ可能
  • P4と呼ばれる言語を採用したこのモデルは、「やりたいこと」を既製品の殻に閉じ込めない