ページの本文へ

ニュースリリース

2018年8月1日
APRESIA Systems株式会社

APRESIA SystemsのAN-Tracker
NTTデータ先端技術「NOSiDE」と連携開始
-低コストで導入可能な検疫ネットワークをサポート-

APRESIA Systems株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 笠井 克洋、以下、APRESIA Systems)は、AN-Trackerの最新バージョン1.03.01にて、NTTデータ先端技術株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 青木 弘之、以下、NTTデータ先端技術)の検疫ネットワーク・PCセキュリティ管理ソフトウェア「NOSiDE® (ノーサイド)」との連携をサポートします。本日販売を開始したNOSiDEの「AN-Tracker機能連携版」と、AN-Trackerが連携することで、従来よりも簡単に導入可能な検疫ネットワークを提供します。

近年のサイバー攻撃は、特定の組織を狙う標的型攻撃を中心とした巧妙な手口により、情報流出する被害が発生しています。最近のマルウェアは、OSやアプリケーションの脆弱性を突き、社内ネットワークで急速に拡散するタイプが増えています。大規模な感染を予防するために、脆弱な端末の可視化およびポリシー違反の端末へのアクセス制御が有効な対策です。

AN-Trackerは、ネットワーク上に配置されたエッジスイッチやフロアスイッチを制御し、ネットワークのアクセス制御を動的に変更することが可能なソフトウェア製品です。また、セキュリティ対策製品との連携用インターフェースとして、汎用的なREST APIおよびSyslogインターフェースをサポートします。ネットワークのアクセス制御は、従来技術を使用し、エージェントレスで動作するため、AN-Trackerを導入することでネットワークインフラを大きく変更せずにネットワーク制御の自動化や運用効率化を実現します。

NOSiDEは、社内外で利用されるクライアントデバイスのセキュリティ診断・ネットワーク接続制御機能を提供するパッケージソリューションです。従来のNOSiDEが提供するネットワーク認証スイッチ(APRESIA)との連携に加え、AN-Trackerと連携することで、ネットワーク認証を使用していないネットワークでも、検疫ネットワークの導入が可能となりました。また、本連携により、ローエンドのスモールビジネス向けスイッチ(ApresiaLightFM/GMシリーズ)を使用して、従来よりも安価に検疫ネットワークの導入が可能です。

また、本連携ソリューションの特徴として、NOSiDEによるセキュリティ診断と、AN-Trackerのネットワーク制御機能を連携することで、NOSiDE従来の検疫ネットワーク(ホワイトリスト)に加え、ブラックリスト制御をサポートします。ブラックリストにより、基本はネットワーク利用を許可し、検疫チェックがNGの場合のみ、ネットワークへのアクセスを拒否することで、業務への影響を軽減した緩やかな検疫ネットワークの導入が可能です。

APRESIA Systemsは、今後もAN-Trackerの機能強化および連携するセキュリティ製品の拡充を行っていく予定です。

  • * APRESIAは、APRESIA Systems株式会社の登録商標です。
  • * 「NOSiDE」は日本国内におけるエヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社の登録商標です。
  • * RESTは、Representational State Transferの略です。

本件に関するお問い合わせ先

■製品・サービスに関するお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
次世代技術本部 ビジネス開発部
マーケティンググループ 栗田
Tel: 03-6369-0403
■ニュースリリースについて
APRESIA Systems 株式会社
経営企画部 中筋
Tel: 03-6369-0391
ページの先頭へ