ページの本文へ

ニュースリリース

2019年11月1日
APRESIA Systems株式会社

ApresiaNPシリーズ、エレクトリ社の協力のもと、
AMX SVSiネットワークAV伝送システムにおける国内認定を取得

株式会社エレクトリ(本社:東京都豊島区、代表取締役:山本清彦、以下エレクトリ社)とAPRESIA Systems株式会社(本社 東京都中央区、代表取締役社長 藤本 司郎)は、エレクトリ社の販売する「ハーマン社製AMX SVSiネットワークAV伝送システム(以下、AMX SVSiシステム)」と、「APRESIA Systems製ApresiaNP2000シリーズ」との相互接続試験を終え、日本国内でAMX SVSiシステムを構築する際の認定スイッチングハブとして、ApresiaNP2000シリーズを加えることを発表致します。

今回の検証では、ハーマン社の許諾の元、AMXの総販売代理店であるエレクトリ社が検証を実施致しました。AMX SVSiシステムの特徴のひとつである、シームレスな映像の切り替わりが実現できるかどうかが、一つの指標となっておりましたが、ApresiaNP2000シリーズは無事に試験をクリアし、性能上問題がないことを確認致しました。また、長期運用を意図し、ヒートラン試験も同時に実施致しましたが、こちらの試験においても、性能上問題がないことを確認致しました。

今後も、APRESIA Systems株式会社は、ネットワークAV伝送システムにおいても、必要なパフォーマンスを低コストで実現し、よりよいネットワーク環境を提供してまいります。

検証

検証構成

検証項目および結果

  検証項目 結果
Apresia
NP2000-24T4X-POE
NP2000-48T4X-POE
IGMP Snooping、Querier動作試験
ストリームが受信ポート以外のポートにフラッディングされていないこと
エンコーダがデコーダへ正しくルーティングされていること
映像表示確認(ビデオウォール/個別表示):遅延、ブラックアウトがないこと
HDMI音声確認:遅延、音声途切れがないこと
映像切替動作確認(ビデオウォール/個別表示):500ms間隔で連続切替動作を10分間実行し、映像のフリーズ、ブラックアウトがないこと
ヒートラン試験:1日8時間を約1ヶ月継続
電源遮断テスト:1日2回を約1ヶ月継続

AMX SVSiシリーズについて

AMXは1982年の設立より革新的な制御デバイスをタイムリーに開発し、設備産業界をリードしてきました。2014年からはHARMAN社のプロフェッショナル部門におけるビジネス、教育、官公庁市場向けのリーディングブランドとしてITとAVソリューションの融合に力を注いでいます。AMXのシステムは、世界中の会議室、住宅、教室、オペレーションセンター、ホテル、放送設備などの施設で採用されています。

株式会社エレクトリについて

株式会社エレクトリは、1964年の創業以来、民生用音響機器、プロ用音響機器、および映像・情報機器関連の分野において、世界の一流製品を国内市場へ提供し続けてきました。今回の検証に用いたAMXについては、1988年依頼、国内販売における輸入総代理店として、日本全国の指定代理店に対して、AMX製品をコアとした、AV・IT設備、視聴覚設備のご提案をさせて頂いております。

APRESIA Systems株式会社について

APRESIA Systems株式会社は、国内に本社を持つ、L2/L3スイッチ「APRESIAシリーズ」を中心とした情報ネットワーク機器を製造・販売するメーカーです。長年培った技術に磨きをかけ、高度化する通信技術に対応しつつ、情報システムという社会に必要不可欠なインフラへ更なる付加価値を提供することで、お客様の発展を支えてまいります。

本件に関するお問い合わせ先

■製品・サービスに関するお問い合わせ先
APRESIA Systems 株式会社
次世代技術本部 ビジネス開発部 岸本
Tel: 03-6369-0401
■ニュースリリースについて
APRESIA Systems 株式会社
経営企画部 中筋
Tel: 03-6369-0391
  • * 記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
  • * 記載の製品名および担当部署、担当者、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。
ページの先頭へ