ページの本文へ

設定例(ApresiaLightGSシリーズ)

設定端末の準備

設定端末の準備

1. 設定端末の条件

Webブラウザーがインストールされたイーサネットインターフェースを備えたパソコンを準備してください。
パソコンのIPアドレスを装置のIPアドレスと同じネットワーク上の任意のIPアドレスに設定しておきます。
パソコンのサブネットマスクは装置と同じにしておきます。

装置の初期IPアドレスは装置の銘板ラベル上に記載されています。
初期のサブネットマスクは255.0.0.0となります。

Webブラウザーのプロキシ サーバーの設定がある場合は無効にしておきます。

2. 設定端末の接続

装置の電源を入れます。装置が起動すると前面のPOWER LEDが点滅から点灯にかわります。
パソコンのイーサネットポートと装置のポートをイーサネットケーブルで接続します。正常にリンクすると前面のLINK LEDが点灯します。
Webブラウザーを立ち上げたらアドレスバーに装置のIPアドレスを入力します。

ログイン画面が表示されます。

ユーザー名:adproにより装置にログインします。初回立ち上げ時にはパスワードは設定されていませんので、そのまま[ログイン]ボタンをクリックしてログインしてください。

設定画面が表示されました。
装置の設定を保存したい場合は画面左上の[設定保存]ボタンをクリックします。

設定保存画面が表示されますので[保存]ボタンをクリックします。

設定が保存されました。

設定を終了する場合は画面右上の[ログアウト]ボタンをクリックします。

確認画面が表示されますので[OK]ボタンを押します。

ページの先頭へ