ページの本文へ

CoSリマーキング

基本構成図

設定のポイント

  • タグVLAN出力時に802.1p優先度(User Priority)をリマーキングする。

設定例

CoS
IEEE802.1Q Tag 内のUser Priority を指定した値に変更
#config vlan default delete 1-24
#create vlan vlanid 10,20
#config vlan vlanid 10 add untagged 1
#config vlan vlanid 10 add tagged 24
#config vlan vlanid 20 add tagged 2,24

#create access_profile ip vlan 0xFFF profile_id 1
#config access_profile profile_id 1 add access_id 1 ip vlan_id 10 port 1 permit priority 7 replace_priority
#config access_profile profile_id 1 add access_id 2 ip vlan_id 20 port 2 permit priority 1 replace_priority
VLAN1(default)は未使用のため削除。

アクセスVLAN(10)をポート1に設定。
タグVLAN(10)をポート24に設定。
タグVLAN(20)をポート2,24に設定。

IP VLANを使用するアクセスプロファイルの作成。
ポート1VLAN(10)受信パケットのタグポート出力時、User Priority値を7に書き換える。
ポート2VLAN(20)受信パケットのタグポート出力時、User Priority値を1に書き換える

【確認コマンド】

show 802.1p default_priority
show 802.1p user_priority
show access_profile

ページの先頭へ