ページの本文へ

DSCP/ToSリマーキング

基本構成図

設定のポイント

  • ACLコマンドにてCoSとDSCP/ToSをリマーキングする。
  • リマーキング時に装置内でも優先制御したい場合はプライオリティ値も変更する。
  • ハードウェアキューのマッピングはリマーキング前のDSCP/ToS値が対象となる。

設定例

ToS
DSCP(DiffServ Code Point)を指定した値に変更(0 - 63)
#config vlan default delete 1-24
#create vlan vlanid 10,20,30,40
#config vlan vlanid 10 add tagged 1,24
#config vlan vlanid 20 add tagged 2,24
#config vlan vlanid 30 add tagged 3,24
#config vlan vlanid 40 add tagged 4,24

#create access_profile ip vlan 0xFFF profile_id 1
#config access_profile profile_id 1 add access_id 1 ip vlan_id 10 port 1 permit priority 4 replace_priorityreplace_dscp_with 48






#config dscp_mapping dscp_value 48 class 3





#config cos mapping ports 1 ip dscp
#config cos mapping ports 2 ip dscp
VLAN1(default)は未使用のため削除。

タグVLAN(10)をポート1,24に設定。
タグVLAN(20)をポート2,24に設定。
タグVLAN(30)をポート3,24に設定。
タグVLAN(40)をポート4,24に設定。

IP VLANを使用するアクセスプロファイルの作成。
ポート1VLAN(10)受信パケットのDSCP値を48に変更
ハードウェアキューClass(2)へマッピングする。

プライオリティ値の変更をしない場合、本装置内では優先制御されない。

受信パケットのDSCP値48をキュー(3)へマップ。
(リマーキング前のDSCP値によりマッピング)

受信パケットのCoSマッピング識別をDSCPに設定。
注)Cosマッピング識別はDSCP/ToSの混在不可。
ToS Precedence を指定した値に変更(0 - 8)
#create access_profile ip vlan 0xFFF profile_id 2
#config access_profile profile_id 2 add access_id 1 ip vlan_id 30 port 3 permit priority 4 replace_priorityreplace_dscp_with 40







#config cos tos value 5 class 3


#config cos mapping ports 3 ip tos
#config cos mapping ports 4 ip tos
IP VLANを使用するアクセスプロファイルの定義。
ポート3VLAN(30)受信パケットのToS値を5に変更
ハードウェアキューClass(2)へマッピングする。
プライオリティ値の変更をしない場合、本装置内では優先制御されない。
※1 ToS値とDSCP値の対応値。

受信パケットのTos値5をキュー(3)へマップ。
(リマーキング前のToS値によりマッピング)

受信パケットのCoSマッピング識別をToSに設定。
注)Cosマッピング識別はDSCP/ToSの混在不可

※1 tos value 0 = dscp_value 0
tos value 1 = dscp_value 8
tos value 2 = dscp_value 16
tos value 3 = dscp_value 24
tos value 4 = dscp_value 32
tos value 5 = dscp_value 40
tos value 6 = dscp_value 48
tos value 7 = dscp_value 56

【確認コマンド】

show 802.1p default_priority
show 802.1p user_priority
show access_profile
show cos tos
show dscp_mapping
show cos mapping

ページの先頭へ