ページの本文へ

設定例(ApresiaLightGSシリーズ)

802.1p優先制御

基本構成図

基本構成図

設定のポイント

  • 装置で受信したタグ無しパケットの優先度は、デフォルト設定ではpriority 0に設定されています。
  • スイッチには8個のハードウェア優先キューがあります。
  • 受信ポートに応じてパケットの優先度を設定し、対応するキューの優先順位または重み付けに従って送信します。ここでは重み付きラウンドロビンを選択します。
  • 受信ポート、優先度、キューID、重み付けの関連は下記とします。
受信ポート802.1p優先度(CoS値)キューID重み付け
1101
2012
3224
4338
54416
65532
76664
877127

L2スイッチの設定例

QoSの有効化

画面左の [QoS]をクリックします。[QoS基本設定]画面が表示されます。

[QoS基本設定]画面

[QoS機能:]のメニューから[有効]を選択し、[適用]ボタンをクリックします。

[QoS基本設定]画面

優先度とキューのマッピング

802.1p優先度(CoS値)に対応するハードウェアキューのマッピングをネットワークの構成に応じて設定します。ここではIEEE802.1Q-2018の推奨に従います。

[優先度テーブル]の優先度0の[キューID]から1を選択し、[適用]ボタンをクリックします。

[QoS基本設定]画面

同様に優先度7まで設定していきます。

[QoS基本設定]画面

ポート優先度の設定

画面左の[QoS]が展開された状態から[ポート優先度]をクリックします。

[ポート優先度]画面

[ポート優先度テーブル]が表示されます。
ポート1の[優先度]から1を選択し、[適用]ボタンをクリックします。

[ポート優先度]画面

同様にポート2~8の優先度を設定します。この優先度は802.1pのCoS値であり、キューIDではありません。

[ポート優先度]画面

スケジューリング方式の設定

画面左の[QoS]が展開された状態から[スケジューリング方式]をクリックします。

[スケジューリング方式]画面

デフォルトのアルゴリズムは絶対優先方式になっています。ここでは重み付きラウンドロビンを選択します。[アルゴリズム:]のメニューから重み付きラウンドロビンを選択し、[適用]ボタンをクリックします。

[ポート優先度]画面

ページの先頭へ