ページの本文へ

設定例(ApresiaLightGSシリーズ)

SNMP(ネットワーク管理機能)

設定のポイント

  • 工場出荷時の設定状態においては、コミュニティー名、ユーザー名が一致する全てのSNMPマネージャーからのアクセスが許可されます。SNMP機能を使用しない場合、機能を無効にする必要があります。
  • コミュニティー名にはSNMPビューを割り当てる必要があります。

設定例

SNMPの無効化

画面左の[システム]が展開された状態から[SNMP]をクリックします。

SNMP基本設定が表示されます。デフォルトは有効です。

メニューから無効を選択します。

[適用]ボタンをクリックします。

コミュニティー名の変更

画面左の[SNMP]が展開された状態から[コミュニティー]をクリックします。
SNMP バージョン1、2cで使用するデフォルトコミュニティー名(private)を削除します。

デフォルトコミュニティー名(public)を削除します。

コミュニティリストが空になりました。

新規コミュニティー名(APS)を[コミュニティー名]に入力します。

新規コミュニティー名(APS)に予約済みユーザー名(ReadWrite)を入力し、[追加]ボタンをクリックします。予約済みユーザー名(ReadWrite)にはデフォルトのSNMPビュー(ReadWrite)が割り当て済みです。

コミュニティーテーブルに新規コミュニティー名(APS)が登録されました。

TRAPの設定

画面左の[SNMP]が展開された状態から[トラップ]をクリックします。

SNMP TRAPを送信先(10.0.0.1)、バージョン(v2c)、新規コミュニティー名(APS)として設定し、[追加]ボタンをクリックします。

SNMPトラップ送信先が追加されました。

ページの先頭へ