ページの本文へ

OSPFv3

構成

sw1の設定
AEOS8設定例 コメント
hostname sw1 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 11 name v11
 vlan 21 name v21
VLANの設定
interface port 1/1
 switchport access vlan 10
interface port 1/2
 switchport access vlan 21
interface port 1/3
 switchport access vlan 11
物理インターフェース(port1/1)へvlan10をアサイン

物理インターフェース(port1/2)へvlan21をアサイン

物理インターフェース(port1/3)へvlan11をアサイン
interface loopback
 ip address 1.1.1.1/32
 ipv6 address 1:1:1::1/128
ループバックアドレスの設定
router ipv6 ospf 1
 router-id 1.1.1.1
 redistribute connected
OSPFプロセスIDの設定
ルータIDの設定(※)
直接接続された経路の再配布設定
interface vlan 10
 ip address 10.1.10.1/24
 ipv6 address fe80::10:1:10:1 link-local
 ipv6 address 2002:10:1:10::1/64
 ipv6 enable
 ipv6 router ospf area 0 tag 1

IPv4アドレスの設定
IPv6アドレスの設定(リンクローカル)
IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
OSPFのエリアIDとプロセスタグ(ID)を設定
interface vlan 11
 ip address 10.1.11.1/24
 ipv6 address fe80::10:1:11:1 link-local
 ipv6 address 2002:10:1:11::1/64
 ipv6 enable
 ipv6 router ospf area 0 tag 1

IPv4アドレスの設定
IPv6アドレスの設定(リンクローカル)
IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
OSPFのエリアIDとプロセスタグ(ID)を設定
interface vlan 21
 ipv6 address 2001:10:1:21::1/64
 ipv6 enable
 no ipv6 nd suppress-ra 
 ipv6 nd prefix 2001:10:1:21::/64
IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
RA送出の有効化
RAで送出するPrefixの設定
*
router-id, loopback, vlanの何れかにIPv4アドレス(形式)設定が必要(但し、vlan以外を推奨)
sw2の設定
AEOS8設定例
hostname sw2 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 12 name v12
 vlan 22 name v22
VLANの設定
interface port 1/1
 switchport access vlan 10
interface port 1/2
 switchport access vlan 12
interface port 1/3
 switchport access vlan 22
物理インターフェース(port1/1)へvlan10をアサイン

物理インターフェース(port1/2)へvlan12をアサイン

物理インターフェース(port1/3)へvlan22をアサイン
interface loopback
 ip address 2.2.2.2/32
 ipv6 address 2:2:2::2/128
ループバックアドレスの設定
router ipv6 ospf 1
 router-id 2.2.2.2
 redistribute connected
OSPFプロセスIDの設定 
ルータIDの設定(※)
直接接続された経路の再配布設定
interface vlan 10
 ip address 10.1.10.2/24
 ipv6 address fe80::10:1:10:2 link-local
 ipv6 address 2002:10:1:10::2/64
 ipv6 enable
 ipv6 router ospf area 0 tag 1

IPv4アドレスの設定
IPv6アドレスの設定(リンクローカル)
IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
OSPFのエリアIDとプロセスタグ(ID)を設定
interface vlan 12
 ip address 10.1.12.2/24
 ipv6 address fe80::10:1:12:2 link-local
 ipv6 address 2002:10:1:12::2/64
 ipv6 enable
 ipv6 router ospf area 0 tag 1

IPv4アドレスの設定
IPv6アドレスの設定(リンクローカル)
IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
OSPFのエリアIDとプロセスタグ(ID)を設定
interface vlan 22
 ipv6 address 2001:10:1:22::2/64
 ipv6 enable
 no ipv6 nd suppress-ra 
 ipv6 nd prefix 2001:10:1:22::/64

IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
RA送出の有効化
RAで送出するPrefixの設定
*
router-id, loopback, vlanの何れかにIPv4アドレス(形式)設定が必要(但し、vlan以外を推奨)
sw3の設定
AEOS8設定例
hostname sw3 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 11 name v11
 vlan 12 name v12
 vlan 23 name v23
VLANの設定
interface port 1/1
 switchport access vlan 23
interface port 1/2
 switchport access vlan 12
interface port 1/3
 switchport access vlan 11
物理インターフェース(port1/1)へvlan23をアサイン

物理インターフェース(port1/2)へvlan12をアサイン

物理インターフェース(port1/3)へvlan11をアサイン
interface loopback
 ip address 3.3.3.3/32
 ipv6 address 3:3:3::3/128
ループバックアドレスの設定
router ipv6 ospf 1
 router-id 3.3.3.3
 redistribute connected
OSPFプロセスIDの設定 
ルータIDの設定(※)
直接接続された経路の再配布設定
interface vlan 11
 ip address 10.1.11.3/24
 ipv6 address fe80::10:1:11:3 link-local
 ipv6 address 2002:10:1:11::3/64
 ipv6 enable
 ipv6 router ospf area 0 tag 1

IPv4アドレスの設定
IPv6アドレスの設定(リンクローカル)
IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
OSPFのエリアIDとプロセスタグ(ID)を設定
interface vlan 12
 ip address 10.1.12.3/24
 ipv6 address fe80::10:1:12:3 link-local
 ipv6 address 2002:10:1:12::3/64
 ipv6 enable
 ipv6 router ospf area 0 tag 1

IPv4アドレスの設定
IPv6アドレスの設定(リンクローカル)
IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
OSPFのエリアIDとプロセスタグ(ID)を設定
interface vlan 23
 ipv6 address 2001:10:1:23::3/64
 ipv6 enable
 no ipv6 nd suppress-ra 
 ipv6 nd prefix 2001:10:1:23::/64

IPv6アドレスの設定
IPv6機能の有効化
RA送出の有効化
RAで送出するPrefixの設定
*
router-id, loopback, vlanの何れかにIPv4アドレス(形式)設定が必要(但し、vlan以外を推奨)
ページの先頭へ