ページの本文へ

ゲートウェイ認証 機能紹介

概要

クライアントと認証スイッチが別ネットワークに存在するようなケースでは、ゲートウェイ認証により、クライアントの認証環境の構成が可能です。
認証後の端末はIP アドレスによって管理されます。
その他の項目(認証フローや認証画面など)に関しては通常のWEB認証と同様のため、エッジでのWEB認証と同一インターフェースでユーザーの利用環境を統一することができます。

適用条件

・AEOS7製品はApresia13000シリーズのみ対応しています。
・AEOS8は全機種対応しています。

機能の図解

機能の図解

用途

  • サーバーファームへのアクセス時の認証
  • WAN回線経由でアクセスするユーザーの認証
ページの先頭へ