ページの本文へ

MAC認証 機能紹介

概要

MAC認証は、クライアントのMACアドレスを使用して、クライアントとRADIUSサーバー間で認証を行い、認証されていないクライアントからの通信を(認証要求を除いて)すべて遮断し、許可されたクライアントのみに対してポートを開放します。

適用条件

AEOS搭載のAPRESIAであれば利用可能

機能の図解

機能の図解

① 端末を接続します。
② 接続機器のMACアドレス情報をもとにRADIUSサーバーに問い合わせします。
③ 正規端末該非がRADIUSサーバーにより認証され、結果が返されます。
④ 正規端末が接続しているポートは使用可能となり、不正端末が接続しているポートは使用不可状態となります。

このように、RADIUSサーバーに登録されていないユーザーや端末は物理的にネットワークへの接続が不可能になります。

用途

  • クライアント認証
ページの先頭へ