ページの本文へ

認証ページリダイレクト 機能紹介

概要

未認証端末は認証する際にAPRESIAの認証ページ(例えば、http://1.1.1.1/など)に直接アクセスし、表示される認証画面にユーザーアカウントを入力することで認証が実行されます。
本機能は、未認証端末から送信されるHTTPリクエスト(宛先IPアドレスは任意)を認識し、強制的に認証Webページを表示する機能です。
未認証ユーザーのHTTPアクセスでは自動的に認証ページが表示されますので、使用するユーザーに対してAPRESIAの認証URLを改めて通知する必要はなくなり、よりスムーズに認証ネットワークを運用することが可能となります。

適用条件

AEOS搭載のAPRESIAであれば利用可能

機能の図解

機能の図解

用途

  • 未認証ユーザーに対し自動的に認証ページを表示させる場合
ページの先頭へ