ネットワーク管理ソフトウェア 統合プラットフォームソフトウェア

AN-ManagerStation

希望小売価格:¥300,000(税別)

登録ノード数が5台までの場合は無償でお使いいただけます。別途ライセンスキーを投入することで、管理データ等の再構築をすることなく、無償版から有償版に変更が可能です。
  • 管理対象ノード数 1~5台まで:無償
  • 6台以上:有償(別途製品版のライセンスキーが必要)

▶ 無償版のダウンロードはこちら

ネットワークを構成する機器に対して、管理対象機器をグループ分けし、階層的な画面を用いた構成管理、障害情報の一元管理が可能。IPアドレスを持つ任意のネットワーク機器を管理対象とすることが可能。
プロビジョニング機能を搭載し、APRESIAシリーズまたは他社製の機種に対し任意のCLIコマンドを抽象化されたシナリオとして登録実行可能(API経由でのシナリオ実行も可能)。

AN-ManagerStation 画面イメージ

AN-ManagerStation 画面イメージ

画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

特長
IPアドレスを持つ任意のネットワーク機器をグループ分けし、マルチベンダーの機器を階層的に管理(最大管理台数 3,000台)
SNMP対応機種については、機種名やMACアドレス、SNMP基本情報(sysObjectId、sysName、sysDescr等)の詳細情報を管理可能
機器に対してPingまたはSNMPによる定期的なステータスポーリングを行い、機器稼働状態を反映。通信障害発生時や復旧時に、自動的に外部アプリケーションを実行可能
機器が送信するTrap/Syslogを受信し、機器毎・グループ毎にリアルタイム表示。受信したTrap/Syslogの内容(TrapについてはVariableの内容)に応じて、表示メッセージや重要度のカスタマイズ、及び自動的に外部アプリケーションを実行可能
機器ステータス確認結果及び受信Trap/Syslogをモニタリング画面にて一元表示。障害区分(ステータス/Trap/Syslog)や重要度、メッセージ等でのフィルタリングや確認済み項目について確認フラグを設定可能
機器の詳細情報(システム情報、ポート一覧(リンク/ループ検知状態、SFPモジュールのシリアル番号、スタック情報等))を表示可能。ポート一覧情報についてはCSV形式でのレポート出力が可能
任意のコマンドをシナリオとして定義し、複数の機器に対して機種混在を意識せずに一括実行するプロビジョニング機能搭載。他社システムとの連携用インターフェースとしてREST APIを実装。これによりREST API経由でシナリオ実行が可能、タイマー設定を行うことで任意の時間にシナリオの自動実行可能
バックアップした機器コンフィグ情報を履歴管理し、前回バックアップ時との差分有無の確認及び差分内容の比較表示が可能 ※1
機器に対して任意のMIB情報を定期的に取得/保存し、グラフに表示することが可能。閾値を設定することで異常や回復のアラームを発生させ、あらかじめ登録した外部アプリケーションを自動的に実行することが可能。ピンポイントグラフで、短い周期でのリアルタイムグラフの表示も可能
選択機器に対してWeb管理ページ(httpまたはhttps)、Telnetクライアントを起動可能※2
Server-Clientシステムに対応し、TLS通信によりセキュアなHTTP接続環境で利用可能
SNMP通信が可能な他社製機種については、機種設定(機種名とsysObjectId)を行うことにより、機種名を自動的に判別して表示可能
MIB定義ファイル(ASN.1形式)をインポート可能※3。Trapに含まれるVariableの内容(MIB値やObjectId値)をMIB定義ファイルの内容に変換して表示可能。MIB定義ファイルに記述されるTrapに関する内容をTrap設定にインポート可能
無償版も提供(ノード登録台数 5台まで)
※1
他社製機器の場合、TFTPによるコンフィグのバックアップコマンドをサポート、かつ、バックアップされる内容がテキスト形式である必要があります。
※2
クライアントPC上でTelnet Clientを有効にする必要があります。
※3
他社製機器のMIB定義ファイルについては、記載書式の差異により正しくインポートできない場合があります。
ライセンス型式 ※ 管理対象台数 ライセンス 機能制限
AN-ManagerStation-FREE5台無償管理対象台数のみ
AN-ManagerStation3,000台有償なし
登録ノード数が5台までの場合は無償でお使いいただけます。別途ライセンスキーを投入することで、管理データ等の再構築をすることなく、無償版から有償版に変更が可能です。

機能概要図

ネットワークを構成する管理対象機器をエリア・建屋・フロアなどで自由にグルーピングし、ファイルを管理するイメージの階層的な画面を用いて「今、どこで、何が起きてる?」を手軽に管理可能。
IPアドレスを持つ機器であれば、ベンダを問わずに最大3,000台まで管理対象とでき、より安価にネットワークの運用管理を実現。

AN-Manager 機能概要図

対応機種

本ソフトウェアで管理可能な機種を示します。

対応機種
SNMP対応機種 ※
SNMP非対応機種
SNMPにより機種を判別できる機種は、当社製管理機能付きネットワーク機種のうちサポート期間が有効な機種に限られます。

管理対象機種に応じた管理可能項目を示します。

管理可能機種管理可能項目
ステータス監視Trap受信Syslog受信
pingSNMP
SNMP対応機種
SNMP非対応機種○ ※
Syslog送信機能をサポートする機種に限られます。

動作環境

本ソフトウェアを動作させるためのサーバーPCおよびクライアントPCは、下表に示す環境が必要です。

PCOS環境
サーバーPC *1 Red Hat Enterprise Linux 7.x *2
CentOS 7.x *2
CPU:x86アーキテクチャの64bit CPU
   2 Core以上 (4 Core以上推奨)
RAM:4GB以上 (8GB以上推奨)
HDD:/opt配下に100GB以上のディスク容量
Windows Server 2016
Windows Server 2019
Windows 10 Pro(x64)
RAM:4GB以上(8GB 以上推奨)
HDD:100GB以上のディスク容量
クライアントPC Windows系OS *3 画面解像度1280×1024以上(推奨 1920×1080)
Google Chrome *4
*1
Linux系OSにおいてはVMware vSphere ESXi Ver. 6.0.0での動作を確認済み
*2
7.7での動作を確認済み
*3
Windows 10 Pro(x64)で動作確認済み
*4
Google Chrome 80.0.3987.xxx、81.0.4044.xxx、83.0.4103.xxx、84.0.4147.xxx、86.0.4240.xx、87.0.4280.xxで動作確認済み
本ソフトウェアは管理対象機器とSNMPv1及びSNMPv2c、Syslog(514/udp)、Telnet(21/tcp)またはSSH2(22/tcp)による通信を行います。また、REST APIにおける通信プロトコルはHTTPバージョンは1.1をサポートしています。

プロビジョニング機能の利用可否

本ソフトウェアでプロビジョニング機能を利用可能な機種を下表に示します。

区分機種プロビジョニング機能利用可否
企業・DC向けAPRESIA Apresia(AEOS7/8)シリーズ
ApresiaNPシリーズ
ApresiaLight FM/GMシリーズ
ApresiaLight GSシリーズ
ApresiaLight MCシリーズ
サービスプロバイダ向けAPRESIAApresia(AMIOS)シリーズ*1
他社製機器任意の他社製機種*2
*1
ライセンス型式:AN-ManagerStation-Cが必要となります。
*2
他社製機種を対象とする場合、TelnetまたはSSH2に対応していることが前提となり、コマンドプロンプトの文字列など、コマンドラインから機器を設定・操作するための機器特有のコマンドラインルールの設定が必要になります。また、他社製機種のTelnet/SSH2の実装仕様によっては、プロビジョニング機能が正しく利用できない場合があります。