APRESIA Systems x Open Networking

Cumulus Networks

【Network OS】Cumulus Linuxのご紹介

Cumulus NetworksOSの特長

  • ホワイトボックスで動作するLinuxディストリビューション
  • Linuxの利便性を最大限活用可能なネットワークOS(Linux準拠のOSS/オートメーションツールの活用)
  • L3 Clos構成によりシンプルかつ拡張性の高いDCネットワークを実現
  • ネットワークのDevOpsをフルサポート可能なソリューションを提供(Cumulus VX, HostPack, NetQ)

Cumulus Linuxの特長

Cumulus Linuxは、最新のデーターセンターネットワークを構築するのに適したNetwork OSです。Cumulus Linuxを使用することで、組織の大小に関わらず、どのような規模の企業でも、 Google、Facebookなどのハイパースケーラーが使用しているウェブスケールネットワーキングのメリットを享受できます。

独自仕様のベンダー製品を使用せず、汎用ハードウェア(ホワイトボックススイッチ)を使用することでコストを最適化し、また自動化された、柔軟性が高く、高効率なデーターセンターを構築できます。

Cumulus Linuxの特徴

ウェブスケールネットワーキング

  • オープンイノベーション(ベンダロックインからの解放)により、最適なコストでネットワークを構築
  • データーセンターネットワークの標準アーキテクチャL3 CLOSによるシンプルかつ信頼性が高く、スケーラブルなネットワーク
  • オープンソース(OSS)や各種ツールを活用した構築/運用の自動化

Cumulus Linux

  • ハードウェアから分離されたLinuxベースのNetwork OS。要件に最適なプラットフォームを選択して使用
  • Cumulus Linuxが採用しているリファレンスデザインがL3 CLOS。多数の導入実績あり
  • Linuxのメリットをそのまま傍受できる。Linux準拠のOSSを活用し、オペレーションを標準化し、サーバーの自動化プロセスと統合可能

オープンで業界標準のハードウェア、またLinuxベースのOS、LinuxベースのOSSや各種ツールを組み合わせることで、垂直統合型のネットワークスタックから解放され、新しいレベルのアジリティ(俊敏性)と柔軟性を提供します。