ページの本文へ

ポートの設定例

ポートの設定例

ポートの設定
# config ports 1-8 speed 100_full mdix cross ポート1-8の速度を100M/full、MDIXをクロスに設定
# config ports 1 state disable
# config ports 1 state enable
ポート1を無効化
ポート1を有効化
VLANの作成・ポートへの割当
# create vlan v100 tag 100 VLAN名「v100」、VLAN ID「100」を作成
# config vlan v100 add tagged 9-10
# config vlan v100 add untagged 1-8
ポート9-10をtagでv100に設定
ポート1-8をuntagでv100に設定
# config vlan default delete 1-10 VLAN1(default)は未使用のため削除。
※untagポートにも複数のVLANの追加ができます。
非対称VLAN(Asymmetric VLAN)・プロトコルVLANを使用しない場合は、不要なVLANを削除しておきます。
リンクアグリゲーションの設定(静的)
# create link_aggregation group_id 1 リンクアグリゲーショングループID:1を静的LAGとして作成
※動的[lacp],静的(デフォルト)にリンクアグリゲーションを設定可能です。
# config link_aggregation group_id 1 master_port 5 ports 5-6 グループID:1の構成ポートの設定
 ・マスターポート : 5
 ・所属するポート : 5-6
# config link_aggregation group_id 1 state enable グループID:1の有効化
リンクアグリゲーションの設定(LACP)
# create link_aggregation group_id 2 type lacp リンクアグリゲーショングループID:2を動的LAGとして作成
# config link_aggregation group_id 2 master_port 7 ports 7-8 グループID:2の構成ポートの設定
 ・マスターポート : 7
 ・所属するポート : 7-8
# config lacp_ports 7-8 mode active ポート7-8のアクティブ設定
# config link_aggregation group_id 2 state enable グループID:2の有効化
ページの先頭へ