ページの本文へ

MMRP-Plus併用時の設定例

MMRP-Plus併用時に可能な構成

MLAG併用時には以下の2種類のみ構成可能となります

1. ブリッジポートを跨いだアウェアスイッチとして使用する構成

図解

2. MMRP-Plus分散マスタースイッチ、分散スレーブスイッチとして使用する構成

図解

MLAG構成時のMMRPリングポートの設定

MMRP-PlusリングポートにMLAGインターフェースを指定する場合には、片MLAG (対向MLAG装置にメンバーポートの存在しないMLAGインターフェース)で設定

ユーザフレームは通常時もブリッジポートを利用してフレームを転送

図解

MLAG設定装置がMMRP-Plus Aware構成

MLAG構成

SW1、SW2MLAG+MMRP(Aware)を構成 (SW3:Master、SW4:Slave)

SW1、SW2(MLAG構成)とSW5(LAG)、SW6(LAG)により接続

構成図

図解

SW1 (MLAG first機、MMRP-Plus Aware)の設定
AEOS8設定例 コメント
mlag group 1
mlag domain ML bridge-port 1/49-50 first
mlag enable
MLAGが利用するPacket-filter2 groupを設定
ドメイン名をML、ブリッジポートを1/49-50、プライオリティをfirstに設定
MLAGを有効化(※:rebootが必要となります)
mlag mac-address-table-update enable MLAG装置間でMACアドレスの簡易学習同期を行います
no ip forwarding ※L3 ライセンスキーが有効となっている場合に必須となります
reserved-frame-action bpdu discard BPDUフレームの不要な学習を停止します (関連FN 1FD12-1)
write memory
reboot
設定保存
装置の再起動後からMLAGが有効になります
vlan database
vlan 10 name vlan10
vlan 20 name vlan20
vlan 100 name kanri

interface mlag ML/1
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20,100

interface mlag ML/2

interface mlag ML/3
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20

interface mlag ML/4
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20
VLANインターフェース(10、20、100)を作成
ユーザVLAN名:   “vlan10”,“vlan20”
MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/1)を作成
ML/1にユーザVLAN、MMRP-Plus制御用VLANをTagで設定

MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/2)を作成
※片MLAGのためインターフェースのみ作成

MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/3)を作成
ML/3にユーザVLANをTagで設定


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/4)を作成
ML/4にユーザVLANをTagで設定
interface port 1/51-52
mlag ML/1

interface port 1/1
mlag ML/3

interface port 1/2
mlag ML/4
ポート1/51、1/52をML/1のメンバーポートに設定


ポート1/1をML/3のメンバーポートに設定


ポート1/2をML/4のメンバーポートに設定
mmrp-plus group 2

mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 aware mlag ML/1

mmrp-plus enable
MMRP-Plusが利用するPacket-filter2 groupを設定
(※MLAGがPacket-filter2のgroup1を利用しているため)
VLANグループ1のSlave-VLANにVLAN20を設定
MMRP-Plusの制御用VLANをVLAN100に設定
VLANグループ1をリング1のメンバーに設定
Awareポート(MLAG:ML/1)の設定
(MLAG ブリッジポートが自動的に残りのAwareポートになります)

MMRP-Plusの有効化
SW2 (MLAG second機、MMRP-Plus Aware)の設定
AEOS8設定例 コメント
mlag group 1
mlag domain ML bridge-port 1/49-50 second
mlag enable
MLAGが利用するPacket-filter2 groupを設定
ドメイン名をML、ブリッジポートを1/49-50、プライオリティをsecondに設定
MLAGを有効化 (※:rebootが必要となります)
mlag mac-address-table-update enable MLAG装置間でMACアドレスの簡易学習同期を行います
no ip forwarding ※L3 ライセンスキーが有効となっている場合に必須となります
reserved-frame-action bpdu discard BPDUフレームの不要な学習を停止します (関連FN 1FD12-1)
write memory
reboot
設定保存
装置の再起動後からMLAGが有効になります
vlan database
vlan 10 name vlan10
vlan 20 name vlan20
vlan 100 name kanri

interface mlag ML/1


interface mlag ML/2
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20,100

interface mlag ML/3
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20

interface mlag ML/4
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20
VLANインターフェース(10、20、100)を作成
ユーザVLAN名:   “vlan10”,“vlan20”
MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/1)を作成
※片MLAGのためインターフェースのみ作成

MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/2)を作成
ML/2にユーザVLAN、MMRP-Plus制御用VLANをTagで設定


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/3)を作成
ML/3にユーザVLANをTagで設定


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/4)を作成
ML/4にユーザVLANをTagで設定
interface port 1/51-52
mlag ML/2

interface port 1/1
mlag ML/3

interface port 1/2
mlag ML/4
ポート1/51、1/52をML/2のメンバーポートに設定


ポート1/1をML/3のメンバーポートに設定


ポート1/2をML/4のメンバーポートに設定
mmrp-plus group 2

mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 aware mlag ML/2

mmrp-plus enable
MMRP-Plusが利用するPacket-filter2 groupを設定
(※MLAGがPacket-filter2のgroup1を利用しているため)
VLANグループ1のSlave-VLANにVLAN20を設定
MMRP-Plusの制御用VLANをVLAN100に設定
VLANグループ1をリング1のメンバーに設定
Awareポート(MLAG:ML/2)の設定
(MLAG ブリッジポートが自動的に残りのAwareポートになります)

MMRP-Plusの有効化
SW3(MMRP-Plus Master)の設定
AEOS8設定例 コメント
vlan database
vlan 10 name vlan10
vlan 20 name vlan20
vlan 100 name kanri

interface lag 1-2
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20,100
VLANインターフェース(10、20、100)を作成
ユーザVLAN名:   “vlan10”,“vlan20”
MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”


LAGインターフェース(LAG1、LAG2)を作成
LAG1、LAG2にユーザVLAN、MMRP-Plus制御用VLANをTagで設定
interface port 1/49-50
link-aggregation 1

interface port 1/51-52
 link-aggregation 2
ポート1/49-50をLAG1のメンバーポートに設定


ポート1/51-52をLAG2のメンバーポートに設定
mmrp-plus group 1
mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus ring 1 divided-master lag 1
mmrp-plus enable
MMRP-Plusが利用するPacket-filter2 groupを設定
VLANグループ1のSlave-VLANにVLAN20を設定
MMRP-Plusの制御用VLANをVLAN100に設定
VLANグループ1をリング1のメンバーに設定
fdb flushの設定
Masterポート(LAG1)の設定
MMRP-Plusを有効化
SW4(MMRP-Plus Slave)の設定
AEOS8設定例 コメント
vlan database
vlan 10 name vlan10
vlan 20 name vlan20
vlan 100 name kanri

interface lag 1-2
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20,100
VLANインターフェース(10、20、100)を作成
ユーザVLAN名:   “vlan10”,“vlan20”
MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”


LAGインターフェース(LAG1、LAG2)を作成
LAG1、LAG2にユーザVLAN、MMRP-Plus制御用VLANをTagで設定
interface port 1/49-50
link-aggregation 1

interface port 1/51-52
 link-aggregation 2
ポート1/49-50をLAG1のメンバーポートに設定


ポート1/51-52をLAG2のメンバーポートに設定
mmrp-plus group 1
mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus ring 1 divided-slave lag 1
mmrp-plus enable
MMRP-Plusが利用するPacket-filter2 groupを設定
VLANグループ1のSlave-VLANにVLAN20を設定
MMRP-Plusの制御用VLANをVLAN100に設定
VLANグループ1をリング1のメンバーに設定
fdb flushの設定
Slaveポート(LAG1)の設定
MMRP-Plusを有効化
SW5の設定(MMRP-Plusに所属しないMLAG接続)
AEOS8設定例 コメント
vlan database
 vlan 10 name vlan10
 vlan 20 name vlan20

interface lag 1
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
VLANインターフェース10、20を作成



LAGインターフェース(LAG1)を作成
LAG1にVLAN10、20をTagで設定
interface port 1/1-2
 link-aggregation 1
ポート1/1-2をLAG1のメンバーポートに設定
SW6の設定(MMRP-Plusに所属しないMLAG接続)
AEOS8設定例 コメント
vlan database
 vlan 10 name vlan10
 vlan 20 name vlan20

interface lag 1
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
VLANインターフェース10、20を作成



LAGインターフェース(LAG1)を作成
LAG1にVLAN10、20をTagで設定
interface port 1/1-2
 link-aggregation 1
ポート1/1-2をLAG1のメンバーポートに設定

MLAG設定装置がMMRP-Plus 分散Master、Slave構成

MLAG構成

SW1~SW4にてMLAG+MMRP-Plus(分散Master)を構成

SW1、SW2(MLAG構成)とSW5(LAG)、SW6(LAG)により接続

構成図

図解

SW1(MLAG first機、MMRP-Plus Master)の設定
AEOS8設定例 コメント
mlag group 1
mlag domain ML bridge-port 1/49-50 first
mlag enable
MLAGが利用するPacket-filter2 groupを設定
ドメイン名をML、ブリッジポートを1/49-50、プライオリティをfirstに設定
MLAGを有効化(※:rebootが必要となります)
mlag mac-address-table-update enable MLAG装置間でMACアドレスの簡易学習同期を行います
no ip forwarding ※L3 ライセンスキーが有効となっている場合に必須となります
reserved-frame-action bpdu discard BPDUフレームの不要な学習を停止します (関連FN 1FD12-1)
write memory
reboot
設定保存
装置の再起動後からMLAGが有効になります
vlan database
vlan 10 name vlan10
vlan 20 name vlan20
vlan 100 name kanri

interface mlag ML/1
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20,100

interface mlag ML/2

interface mlag ML/3
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20

interface mlag ML/4
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20
VLANインターフェース(10、20、100)を作成
ユーザVLAN名:   “vlan10”,“vlan20”
MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/1)を作成
ML/1にユーザVLAN、MMRP-Plus制御用VLANをTagで設定

MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/2)を作成
※片MLAGのためインターフェースのみ作成

MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/3)を作成
ML/3にユーザVLANをTagで設定



MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/4)を作成
ML/4にユーザVLANをTagで設定
interface port 1/51-52
mlag ML/1

interface port 1/1
mlag ML/3

interface port 1/2
mlag ML/4
ポート1/51、1/52をML/1のメンバーポートに設定


ポート1/1をML/3のメンバーポートに設定


ポート1/2をML/4のメンバーポートに設定
mmrp-plus group 2

mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus ring 1 divided-master mlag ML/1
mmrp-plus enable
MMRP-Plusが利用するPacket-filter2 groupを設定
(※MLAGがPacket-filter2のgroup1を利用しているため)
VLANグループ1のSlave-VLANにVLAN20を設定
MMRP-Plusの制御用VLANをVLAN100に設定
VLANグループ1をリング1のメンバーに設定
fdb flushの設定(自動的に設定が追加されます)
Masterポート(MLAG:ML/1)の設定
MMRP-Plusの有効化
SW2(MLAG second機、MMRP-Plus Slave)の設定
AEOS8設定例 コメント
mlag group 1
mlag domain ML bridge-port 1/49-50 second
mlag enable
MLAGが利用するPacket-filter2 groupを設定
ドメイン名をML、ブリッジポートを1/49-50、プライオリティをfirstに設定
MLAGを有効化(※:rebootが必要となります)
mlag mac-address-table-update enable MLAG装置間でMACアドレスの簡易学習同期を行います
no ip forwarding ※L3 ライセンスキーが有効となっている場合に必須となります
reserved-frame-action bpdu discard BPDUフレームの不要な学習を停止します (関連FN 1FD12-1)
write memory
reboot
設定保存
装置の再起動後からMLAGが有効になります
vlan database
vlan 10 name vlan10
vlan 20 name vlan20
vlan 100 name kanri

interface mlag ML/1

interface mlag ML/2
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20,100


interface mlag ML/3
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20

interface mlag ML/4
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20
VLANインターフェース(10、20、100)を作成
ユーザVLAN名:   “vlan10”,“vlan20”
MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/1)を作成
※片MLAGのためインターフェースのみ作成

MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/2)を作成
ML/2にユーザVLAN、MMRP-Plus制御用VLANをTagで設定


MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/3)を作成
ML/3にユーザVLANをTagで設定



MLAGインターフェース(<ドメイン名/MLAG ID>:ML/4)を作成
ML/4にユーザVLANをTagで設定
interface port 1/51-52
mlag ML/2

interface port 1/1
mlag ML/3

interface port 1/2
mlag ML/4
ポート1/51、1/52をML/2のメンバーポートに設定


ポート1/1をML/3のメンバーポートに設定


ポート1/2をML/4のメンバーポートに設定
mmrp-plus group 2

mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus ring 1 divided-slave mlag ML/2
mmrp-plus enable
MMRP-Plusが利用するPacket-filter2 groupを設定
(※MLAGがPacket-filter2のgroup1を利用しているため)
VLANグループ1のSlave-VLANにVLAN20を設定
MMRP-Plusの制御用VLANをVLAN100に設定
VLANグループ1をリング1のメンバーに設定
fdb flushの設定(自動的に設定が追加されます)
Slaveポート(MLAG:ML/2)の設定
MMRP-Plusの有効化
SW3、SW4(MMRP-Plus Aware)の設定
AEOS8設定例 コメント
vlan database
vlan 10 name vlan10
vlan 20 name vlan20
vlan 100 name kanri

interface lag 1-2
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20,100
VLANインターフェース(10、20、100)を作成
ユーザVLAN名:   “vlan10”,“vlan20”
MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”


LAGインターフェース(LAG1、LAG2)を作成
ユーザVLAN、MMRP-Plus制御用VLANをTagで設定
interface port 1/49-50
link-aggregation 1

interface port 1/51-52
 link-aggregation 2
ポート1/49-50をLAG1のメンバーポートに設定


ポート1/51-52をLAG2のメンバーポートに設定
mmrp-plus group 1
mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus ring 1 aware lag 1 lag 2
mmrp-plus enable
MMRP-Plusが利用するPacket-filter2 groupを設定
VLANグループ1のSlave-VLANにVLAN20を設定
MMRP-Plusの制御用VLANをVLAN100に設定
VLANグループ1をリング1のメンバーに設定
fdb flushの設定
Awareポート(LAG1、LAG2)の設定
MMRP-Plusを有効化
SW5の設定(MMRP-Plusに所属しないMLAG接続)
AEOS8設定例 コメント
vlan database
 vlan 10 name vlan10
 vlan 20 name vlan20

interface lag 1
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
VLANインターフェース10、20を作成



LAGインターフェース(LAG1)を作成
LAG1にVLAN10、20をTagで設定
interface port 1/1-2
 link-aggregation 1
ポート1/1-2をLAG1のメンバーポートに設定
SW6の設定(MMRP-Plusに所属しないMLAG接続)
AEOS8設定例 コメント

vlan database
 vlan 10 name vlan10
 vlan 20 name vlan20

interface lag 1
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20

VLANインターフェース10、20を作成


LAGインターフェース(LAG1)を作成
LAG1にVLAN10、20をTagで設定
interface port 1/1-2
 link-aggregation 1
ポート1/1-2をLAG1のメンバーポートに設定
ページの先頭へ