ページの本文へ

User Policy Control 機能紹介

概要

ユーザーポリシーコントロールは、APRESIAの802.1X,WEB認証,MAC認証と連携し、ユーザー、端末に識別子(クラスID)を付与し、フレーム制御ポリシーを適用する機能で、アクセス制御、優先制御、ミラーリングなどの制御をすることが可能です。
認証端末毎の制御はパケットフィルター2機能にて実現されます。
識別子(クラスID)はRADIUSサーバー、またはローカルデータベースに保持します。

適用条件

  • AEOS7製品は本機能に対応していません。
  • Apresia13200-28GTシリーズは本機能に対応していません。

機能の図解

機能の図解

① 端末が認証を要求します。使用できる認証モードは、802.1X,WEB認証,MAC認証です。
② 端末情報を基に認証サーバーに問い合わせます。
③ 端末が認証サーバーにより認証され、クラスID情報を含んだ結果が応答されます。
④ APRESIAが端末情報とクラスIDを保持します。
⑤ 端末からのパケットをクラスID毎のフレーム制御ポリシーに基づき処理します。

用途

  • サーバーを分けるなどアクセス制御をしたい場合
  • 部署などに応じて優先制御をしたい場合
ページの先頭へ