ページの本文へ

AN-Tracker (for IPカメラ)

ネットワーク管理ソフトウェア PoEリセットツール

無償 ※

AN-Trackerの有償ライセンスを投入していない場合、PoEリセット機能のみご利用できます。

リセットしたいPoEデバイスのIPアドレスを指定するだけで、収容スイッチ/ポートを自動検索し、対象ポートだけを給電OFF→ONすることでPoEデバイスを強制的にリブート。他システムとの連携用インターフェースとして「REST API」を搭載。

画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

特長
リセットしたいPoEデバイスのIPアドレスを指定するだけの簡単運用。指定したPoEデバイスが収容されているPoEスイッチとポート情報を自動で追跡
他社システムとの連携用インターフェースとして、REST API を搭載。APIで各種操作が可能
他社システムが出力するSyslogを契機として、PoEデバイスのリセットが可能
他社連携製品からの設定リクエスト(REST API)またはSyslogアクションの実行結果をメールで通知可能
カメラシステム(NVR、VMS)のハードウェアに組み込み、カメラシステム側でPoEリセット機能のアプリケーションを開発可能
AN-TrackerのGUIからも操作可能なため、単体ソフトとしても使用可能
ライセンス型式管理対象スイッチ台数
AN-Tracker/50-FREE50 台まで
管理対象として登録するコアスイッチ、PoEスイッチの総数
セキュリティー製品連携機能を使用する場合、または管理対象のスイッチ台数を拡張する場合は、目的の台数ライセンスを購入し、ライセンスキーを投入してください。管理データ等の再構築をすることなく機能・台数の拡張が可能です。
詳細は AN-Tracker(for セキュリティー) をご参照ください。

機能概略図

フリーズしたPoEデバイスを遠隔から簡単にリセット可能!~自動追従機能搭載~

AN-Tracker(for IPカメラ) 機能概略図

対応機種

区分 対応機種
コアスイッチPD端末のARP情報を取得可能な機器*1
(RFC 3418 MIB(ipNetToMediaPhysAddress)の搭載が必須)
PoEスイッチ*3ApresiaLight GM/FMシリーズ(PoEモデル)*2
*1
コアスイッチに他社製機器を使用する場合、機器のSNMP実装仕様によってはARP情報を取得できない場合がありますので、事前に十分な検証を実施してください。
*2
PoEリセットに対応するPSEスイッチは、スイッチ型式の末尾に「-PoE」が付くものです。
*3
ApresiaNP2000シリーズ(PoEモデル)、及びApresiaLight GSシリーズ(PoEモデル)は、2019年9月末対応予定

動作環境

本ソフトウェアを動作させるためのサーバーPCおよびクライアントPCは、以下に示す環境が必要です。

PC OS 環境
サーバーPC*1Red Hat Enterprise Linux 7.x*2
Ubuntu 16.04 LTS
CentOS 7.x*3
CPU:x86アーキテクチャの64bit CPU
2Core以上(4Core以上推奨)
RAM:2GB以上(4GB以上推奨)
HDD:/opt配下に100GB以上のディスク容量
Windows Server 2016
Windows10 Professional(x64)
RAM:2GB以上(4GB以上推奨)
HDD:100GB以上のディスク容量
クライアントPC Windows 系OS*4 画面解像度1280×1024 以上(推奨 1920×1080)
Google Chrome*5
*1
Linux系OSにおいては、VMware vSphere ESXi Ver. 6.0.0 での動作も確認済み
*2
7.4、7.6での動作を確認済み
*3
7.6での動作を確認済み
*4
Windows 7(x64/x86) SP1、Windows10 Professional(x64) で動作確認済み
*5
Google Chrome 70.0.3538.xxx、72.0.3626.xxx で動作確認済み
エッジスイッチがPoE給電に対応したApresiaLightシリーズ(上記対応機種参照)で構成されており、PoEリセット対象のPD端末がPSEスイッチに直接接続されていることが必要条件となります。

■Syslogアクションによる外部連携

本ソフトウェアは、任意の連携製品等が出力するSyslogを契機として動作可能です。
連携可能なSyslogサーバーを以下に示します。

OSSyslogサーバー
Linux系OSRsyslogd
Windows系OSSolarWinds社製 Kiwi Syslog Server
  • * Kiwi Syslog Server 9.6 で動作確認済み
  • * 商用版(有償)とフリー版(無償)ライセンスが存在します。運用に応じて必要なライセンスを選択して下さい。
ページの先頭へ