ページの本文へ

ポートリスタート利用構成

  • Vlan10, 20, 100をTAGで設定
  • Vlan分散機能を利用しVlan20のみMasterポート側でブロッキングする
  • ポートリスタート機能は、リング内に他社スイッチを組み入れを可能とする機能
  • FDBのクリアは、リンクを強制的に落とすことで実施(500msの瞬断)
  • 構成はトライアングル構成のみ対応(スクウェア以上はFDBの強制クリアが不可のため)

【VLAN情報】
v10: ユーザーVlan
v20: ユーザーVlan
v100: MMRP制御Vlan

【MMRP-Status】
Master Vlan: v10, v100
Slave Vlan: v20

ポートリスタート利用構成

リングスイッチの設定

AEOS7設定例 コメント
マスタスイッチ(分散マスタスイッチ)の設定
hostname AP1 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          “v10”,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”
interface port 44
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
interface port 45
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
物理インタフェース(port 44-45)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須
mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 port-restart enable
mmrp-plus ring 1 divided-master master-port 44
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(分散マスタスイッチの場合)
・Vlanグループ1のSlave-VlanにVlan20を設定
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・vlanグループ1をリング1に対して割り当て
・ポートリスタートの設定
・Masterポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される
マスタスイッチ(分散シャドゥスイッチ)の設定
hostname AP2 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          ”v10“,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”
interface port 45
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
interface port 44
switchport mode trunk
switchport trunk add 10,20
物理インタフェース(port 44-45)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須
mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 port-restart enable
mmrp-plus ring 1 divided-shadow slave-port 45
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(分散マスタスイッチの場合)
・Vlanグループ1のSlave-VlanにVlan20を設定
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・vlanグループ1をリング1に対して割り当て
・ポートリスタートの設定
・Slaveポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される
AEOS8設定例 コメント
マスタスイッチ(分散マスタスイッチ)の設定
hostname AP1 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          “v10”,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”
interface port 1/44
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
interface port 1/45
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
物理インタフェース(port 44-45)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須
mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 port-restart enable
mmrp-plus ring 1 divided-master port 1/44
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(分散マスタスイッチの場合)
・Vlanグループ1のSlave-VlanにVlan20を設定
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・vlanグループ1をリング1に対して割り当て
・ポートリスタートの設定
・Masterポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される
マスタスイッチ(分散シャドゥスイッチ)の設定
hostname AP2 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          “v10”,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”
interface port 1/45
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
interface port 1/44
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20
物理インタフェース(port 44-45)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須
mmrp-plus vlangroup 1 slave-vid 20
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 vlangroup 1
mmrp-plus ring 1 port-restart enable
mmrp-plus ring 1 divided-slave port 1/45
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(分散マスタスイッチの場合)
・Vlanグループ1のSlave-VlanにVlan20を設定
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・vlanグループ1をリング1に対して割り当て
・ポートリスタートの設定
・Slaveポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される

設定のポイント

ポートへのTag設定

  • MMRP-Plusを使用するポートはTag設定が必須です。ポートへVlanを指定する際、ユーザーーVlan以外に後述のMMRP-Plus制御用Vlanの指定も必要です。

MMRP-Plus制御用フレーム

  • 本設定例では、Vlan100をMMRP-Plus制御用Vlanに使用しています。デフォルトではVlan1が制御用Vlanに指定されています。
    (Vlan1を制御用Vlanに使用する場合、“mmrp-plus ring 1 vid”の設定は不要ですが、Vlan100の代わりにVlan1をリング内に追加してください)

QoS設定

  • MMRP-Plus制御フレームを優先処理するために設定。qos enableのみの設定でMMRP-Plus制御フレームが優先的に処理されます。

Vlan分散について

  • Slave-Vlanの設定は、マスタ/シャドゥスイッチで必ず一致させてください。
  • Slave-Vlanに指定できるVlan個数に制限はありません。
  • 設定可能なVlanグループは最大8つです。(機種によっては6つ)

他社SWについて

  • Vlan-Tagの設定が可能なスイッチであれば使用可能です。
  • 特別な設定は必要なく、Vlanをポートに設定するだけです。(Vlan分散時も特別な設定は不要)
  • 障害普及時のFDB-Flushは、分散マスタおよび分散シャドゥスイッチ側でリンクを強制的に瞬断することで行います。
    ※瞬断の際、マスタスイッチ側のリンクランプは点灯したままですが、瞬断は行われています。
  • 瞬断時間はデフォルトで500msです。FDBがクリアされない場合、瞬断時間の変更が可能です。
ページの先頭へ