ページの本文へ

シングルマスタ構成

  • リングを管理するマスタスイッチが1台の場合の構成
  • Vlan10, 20, 100をTAGで設定
  • Vlan分散機能は使用しない

【VLAN情報】
v10: ユーザーVlan
v20: ユーザーVlan
v100: MMRP制御Vlan

【MMRP-Status】
Master Vlan: v10, v20, v100

シングルマスタ構成

リングスイッチの設定

AEOS7設定例 コメント
マスタスイッチの設定
hostname AP1 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          “v10“,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”
interface port 44,45
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
物理インタフェース(port 44-45)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須>
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 master master-port 44 slave-port 45
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(シングルマスタの場合)
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・Masterポート、Slaveポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される
アウェアスイッチの設定
hostname AP2 ホスト名の設定(AP3の設定はホスト名以外AP2と同様)
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          “v10”,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri“
interface port 23,24
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
物理インタフェース(port 23-24)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 aware port 23 port 24
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(アウェアの場合)
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・アウェアポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される
AEOS8設定例 コメント
マスタスイッチの設定
hostname AP1 ホスト名の設定
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          “v10”,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”
interface port 1/44-45
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
物理インタフェース(port 44-45)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 master master-port 1/44 slave-port 1/45
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(シングルマスタの場合)
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・Masterポート、Slaveポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される
アウェアスイッチの設定
hostname AP2 ホスト名の設定(AP3の設定はホスト名以外AP2と同様)
vlan database
 vlan 10 name v10
 vlan 20 name v20
 vlan 100 name kanri
VLANの設定
・ユーザーVLAN名:          “v10”,“v20”
・MMRP-Plus制御用VLAN名: “kanri”
interface port 1/23-24
 switchport mode trunk
 switchport trunk add 10,20,100
物理インタフェース(port 23-24)の設定
・ユーザーVlanとMMRP-Plus制御VlanをTagでアサイン
MMRP-Plusを使用するポートではTagの設定が必須
mmrp-plus ring 1 vid 100
mmrp-plus ring 1 aware port 1/23 port 1/24
mmrp-plus ring 1 fdb-flush all
mmrp-plus enable
MMRP-Plusの設定(アウェアの場合)
・MMRP-Plusの制御VlanをVlan100に設定
・アウェアポートの設定
・MMRP-Plusの有効化
qos enable MMRP-Plus制御フレームを優先制御する目的で設定
・qos enableのみでMMRP-Plus制御フレームが最高優先度で処理される

設定のポイント

ポートへのTag設定

  • MMRP-Plusを使用するポートはTag設定が必須です。ポートへVlanを指定する際、ユーザーーVlan以外に後述のMMRP-Plus制御用Vlanの指定も必要です。

MMRP-Plus制御用フレーム

  • 本設定例では、Vlan100をMMRP-Plus制御用Vlanに使用しています。デフォルトではVlan1が制御用Vlanに指定されています。
    (Vlan1を制御用Vlanに使用する場合、“mmrp-plus ring 1 vid”の設定は不要ですが、Vlan100の代わりにVlan1をリング内に追加してください)

QoS設定

  • MMRP-Plus制御フレームを優先処理するために設定。qos enableのみの設定でMMRP-Plus制御フレームが優先的に処理されます。
ページの先頭へ