ページの本文へ

リマーキング (CoS、ToS)

CoS値のリマーキング

  • IEEE802.1Q Tag 内のUser Priority を<PRIORITY>で指定した値に変更します。
    (TAG 付きで出力するフレームのみが対象)
AEOS7、AEOS8設定例 コメント
packet-filter2
 1 1 assign vlan 10
 1 1 action priority 7
 1 1 action permit
 2 1 assign vlan 10
 2 1 action qos qp8
 2 1 action permit
qos enable
Vlan10の通信のUser Priorityを7に設定しqp8にキューイング
キューイングの定義をしない場合は本装置では優先制御されません。

想定動作

ToS値のリマーキング

  • Precedence を<PRECEDENCE>で指定した値に変更します。(0-7)
AEOS7、AEOS8設定例 コメント
packet-filter2
 1 1 assign vlan 10
 1 1 action ip-tos-precedence 7
 1 1 action qos qp8
qos enable
Vlan10の通信のPrecedenceを7に設定しqp8にキューイング
キューイングの定義をしない場合は本装置では優先制御されません。
  • DSCP(DiffServ Code Point)を<dscp>で指定した値に変更します。(0-63)
AEOS7、AEOS8設定例 コメント
packet-filter2
 1 1 assign vlan 10
 1 1 action ip-tos-dscp 63
 1 1 action qos qp8
qos enable
Vlan10の通信のDSCPを63に設定しqp8にキューイング
キューイングの定義をしない場合は本装置では優先制御されません。
ページの先頭へ