ページの本文へ

DRR (Deficit Round Robin)

キューごとに中継させる最小帯域を重みを用いて設定する。

  • 比率はパケットサイズで行なうため、帯域の比率になります。
  • 重み0はStrict Priority Queuingで動作します。
  • QoSプロファイルの重みと、qp1~qp8の全ての重みの合計との比から実際の最低帯域が決定されます。
  • 設定したVALUEの2のべき乗の値が実際の重みとなります。
    • (例:設定値3の場合 2の3乗=8)
AEOS7設定例 コメント
packet-filter2
 1 1 assign vlan 10
 1 1 action qos qp8
 1 2 assign vlan 20
 1 2 action qos qp7
qos enable
qos algorithm deficit-round-robin
qos qosprofile qp8 port 23-24 weight 3
qos qosprofile qp7 port 23-24 weight 2
qos qosprofile qp3 port 23-24 weight 1
Vlan10の通信をqp8
Vlan20の通信をqp7
その他のvlanはqp3(デフォルト)にキューイング

23-24ポートのQP8の重みを3、QP7の重みを2、QP3の重みを1に設定する。
【計算式】
qp8:qp7:qp3=8:4:2の帯域で中継される。
    ↓
qp8=8/14 qp7=4/14 qp3=2/14
AEOS8設定例 コメント
packet-filter2
 1 1 assign vlan 10
 1 1 action qos qp8
 1 2 assign vlan 20
 1 2 action qos qp7
qos enable
qos algorithm deficit-round-robin
interface port 1/23-24
 qos qosprofile qp8 weight 3
 qos qosprofile qp7 weight 2
 qos qosprofile qp3 weight 1
Vlan10の通信をqp8
Vlan20の通信をqp7
その他のvlanはqp3(デフォルト)にキューイング


1/23-24ポートのQP8の重みを3、QP7の重みを2、QP3の重みを1に設定する。
【計算式】
qp8:qp7:qp3=8:4:2の帯域で中継される。
    ↓
qp8=8/14 qp7=4/14 qp3=2/14

想定動作

  • Stream1~3共に1Gbpsのパケットを入力して、それぞれがQP8、QP7、QP3に入るようにする。

下記設定で重み付けしているので、帯域の比率はqp8:qp7:qp3=8:4:2で中継される。

  • qos qosprofile qp8 weight 3
  • qos qosprofile qp7 weight 2
  • qos qosprofile qp3 weight 1

ページの先頭へ